会社を辞めるのがもったいない? → 思考停止して人生諦めているほうがもったいないよ

【スポンサーリンク】

会社を辞めるのがもったいない?

ぼくが会社を辞めるときに、ありがたいようでありがたくない言葉をいくつかもらいました。

その中のひとつで、なんだこれ?というのがこちら。

会社を辞めるなんてもったいない。転職は厳しいぞ。いま仕事もまわっていて、給料も上がっているのに、ここで辞めたらもったいなくないか?

これから辞めようとしているのに、本心はとにかくとして引き止めてもらえること自体はありがたいんですけどね。

でも、ぼくはこの言葉に大きな違和感を覚えましたし、そもそも引き止めるつもりもなかった言葉だと理解しています。

 

【スポンサーリンク】

ぼくが覚えた違和感

この言葉を受け取ってみて、感じた違和感を分析すると3つあります。

 

1,「会社を辞めるのがもったいない」は他人の価値観

会社に勤める・会社を辞めるというのは、どれも個人の意志があって始まるものです。

誰かに言われて会社に勤める人なんて、おそらくいないでしょう。

それを他人が良い悪いと口出しするのは、ちょっとお門違いですね。

「もったいない」はその人個人の意見であって、でも「引き止めたいわけではない」というところでしょうか。

 

 

2,事実「転職は厳しい」けれど、いまより良くなる可能性を求めてやるのが転職だ

どの企業も新卒採用は一生懸命やっていますが、中途採用となると急に間口が細くなりますよね。

実際、あまりいい話を聞く機会がないのですが、そもそも「転職」はいまよりも良い給料・良い労働環境を求めてやるものです。

世の中が厳しいからやるとかやらないとか、そういうものではないでしょう。

心を決めた人にとっては引き止めるための脅し文句にもなりませんよね。

 

3,転職するのは個人の自由。自分で決めることであって誰かが決めることではない

そもそも論ですが、転職するのは個人の自由です。

もっと言えば、就職するのも、退職するのも、個人の自由です。他人が引き止められるものではありません。

転職を決意した人にとって、横から口出しされたところで、ブレることはありませんよね。

 

【スポンサーリンク】

結論:思考停止して人生諦めているほうがよっぽどもったいないけど、他人のことなので放置です。

「辞める」となって初めてわかったことがいくつかあります。

ぼくが生きる道を応援してくれた人・変わらず付き合っている人・いまでも楽しく話せる仲間がたくさんいました。ほんとうに嬉しかったです。

でもその反面、興味がないけれど社交辞令で声をかけてくれた人や、求めてもいないのにアドバイスをしてくれた方、さらには脅しとも取れそうなことを平気で言う方など、そういう人もいました。

聞かされた直後は「なにこの人…」と思いましたが、どうせ今後付き合うことのない人なので聞き流しておきました。残念だけど、そういう人はいましたね。

ぼくは仲間・友人・親友とともに行きていければいいし、ぼく個人のことを応援してくれる人を大事にしていきます。

他人をイジメたり、イジってもてあそんだり、うっぷんばらしの矛先にするような思考停止している人とは付き合わないですし、間違っても今後友達になることはありません。人生諦めている人たちに付き合っている時間はないので、ぼくはぼくで先に進みます。

というわけで、現場からは以上です!