お金の増やしたければ「支出」を減らすよりも「収入」を増やそう。

【スポンサーリンク】

お金を増やしたい!

「お金を増やしたい!」という思い・考えは、きっと多くの方が持っているでしょう。

金額の大小は違えど、生活するためにはお金が必要ですし、お金なくしては何も買えないし、住まいや食事だってお金がないと住めない・食べられないですよね。

お金は誰にとっても大切で重要なものなので、誰しもが真剣に考えるテーマです。

 

【スポンサーリンク】

お金の増やし方は2通り。

お金を増やすには2通りありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

 

収入を増やす

例えば会社勤めをしていれば、ほとんどの人が毎月の収入が決まっていますよね。そこからさらに収入を増やすことができれば、単純な話ですがお金は増えます。

例えば副業するとか、アルバイトするとか、会社に掛け合って給料を増やしてもらうとか。またはFXや資産運用をするとか、そういうことが必要になります。

難しいのは、会社勤めのまま収入を増やすのは時間的に厳しいという点。通勤・仕事・残業を全部含めて、おそらく1日の12時間以上を拘束されることになります。加えて言うと、いまだに「副業禁止」の会社が多いので、そういう会社に勤めている人はそもそも副業はできないですよね。

ぼくの会社員時代の平均的な拘束時間は、だいたい14時間以上でしたので、家に帰った頃はヘロヘロになっていて、もはやなにもする気が起きませんでした。

 

支出を減らす

自分の手元に入ってくるお金が決まっているのだとしたら、その逆で出ていくお金を抑えるのは手っ取り早いですよね。

食費を抑える、光熱費を抑える、携帯電話代を抑えるなど、いろいろ方法はあります。

ただし、こちらは限界があります。いくら「抑えて削減する」とはいっても、抑えすぎてしまうと自分自身がツラくなりますよね。食費を抑える!と意気込んだはいいものの、まともにご飯を食べなかったら身体を壊す原因にもなりかねません。

抑えられるところは抑えて、やりすぎないように注意しておく必要があります。

 

【スポンサーリンク】

支出を減らしながら収入を増やそう

「収入を増やす」「支出を減らす」ことをするのはいいことですが、それ単独ではどうやらちょっとツラそうですよね。

だから、この2つを組み合わせてやるべきです。ずばり「支出を減らしながら収入を増やす」です。

抑えられるものは抑えて、無理なくできる範囲で収入を増やす活動をしましょう。そういう手段は、いまはたくさんあります。

オススメなのは以下の4つです。

  1. アフィリエイトで稼ぐ
  2. 【クラウドワークス】【ランサーズ】
    で仕事する
  3. 無料ネットショップ開業「BASE」を使って自分で作ったものを売る
  4. そもそも転職して給料アップする

【1】〜【3】まではいわゆる「副業」ですが、【4】は転職です。転職でもしっかり活動できれば収入アップにつながるので、こちらも手段としてはアリですよね。

 

できる範囲で「収入アップ」を目指そう

ぼく個人としては、限界のある支出削減をがんばるよりは、伸びシロしかない収入アップをするほうにチカラを入れるべきだと考えています。

「お金が増えるから」ということもひとつありますが、やればやっただけ自分の身になるし、そこで学んだスキルは他にも活かせるので、先を考えたときにより自分のためになるのは間違いありません。もちろん、支出も抑えられるところは抑えたほうがいいですけどね。

いまは給料がなかなか上がらなくて、特に20代の会社員はお金がないという人が多いかもしれません。それでいて、会社は一生安泰を約束してくれているわけではないので、いまのうちから自分でなんとかできるチカラを付けておくのは良い作戦です。

いまは稼ぐ手段がいっぱいあるので、とにかくやってみて、自分にあったものを探して続けてみましょう。

月に1〜3万円くらいだったら、わりとすぐに稼げるものですよ。

サラリーマンこそ副業すべき!ぜひオススメしたい副業ベスト3。

2017.05.06

「会社に所属している」ということも「リスクのひとつ」であると理解すべし。

2016.03.16