[メモ魔向け応用編]Google Keep+Androidウィジェットでつくる「即メモ体制」が最強すぎる。

【スポンサーリンク】

スマホでメモ取るならGoogle Keepが便利!

ぼくは普段からスマホでメモをとる習慣が身についています。

常に手元にあるし、すぐに使えるので重宝しているのですが、これを実現しているのが「Google Keep」というアプリです。

Google Keep - メモとリスト
Google Keep – メモとリスト
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

いくつかメモアプリを試してきましたが、もう長いことこちらが定番になっています。

このアプリに定着した最大の理由は「即メモ体制」を構築することができたからなんです。

 

【スポンサーリンク】

Androidスマホの「ウィジェット」が超便利!

Androidスマホには、ホーム画面に機能を追加できる「ウィジェット」があります。

アナログ時計だったり、カレンダーだったり、為替チャートだったり、種類はさまざま、多岐にわたってたくさんあります。

「Google Keep」にもウィジェットがあって、アプリ内で「固定」したメモをホーム画面に置くことができるんです。

かんたんに流れを説明すると以下のようになります。

  1. 「Google Keep」でメモを作る・すでにあるメモを用意する
  2. メモを「固定」する
  3. ホーム画面にウィジェットを置く
  4. 調整して完成

 

 1,「Google Keep」でメモを作る・すでにあるメモを用意する

まずはホーム画面に置きたいメモを用意します。すでにあるものでもいいですし、なければ作ります。

Screenshot 20170119 174234

2,メモを「固定」する

用意したメモを「固定」します。やり方はかんたんで、メモ作成画面の上に出ている「ピン」をタップして、青くします。

Screenshot 20170119 174234 2

固定したあとでメモ一覧画面に戻ると、「固定済み」というところに先程固定したメモが移動しているはずです。

Screenshot 20170119 173901a

3,ホーム画面にウィジェットを置く

ホーム画面にウィジェットを置きます。ホーム画面の空白をロングタップするか、アプリ一覧画面から「ウィジェット」を選んで、その中から「Google Keep(3×2)」の方を探してロングタップします。

Screenshot 20170119 174006a

ロングタップするとホーム画面に切り替わるので、そこでホーム画面の適当なところに置きます。

4,調整して完成

最後にウィジェットの大きさを調整します。

Screenshot 20170119 174055a

ぼくは横幅いっぱいに表示させるのが好きなので、表示幅を広げます。

Screenshot 20170119 174257a

これで完成です!

 

【スポンサーリンク】

スマホで即メモするならAndroidがオススメ!

アプリのウィジェットをホーム画面に置けるのは、Androidだけ機能です。残念ながらiPhone・iPadにはありません。

ここがAndroidスマホの優位点のひとつでもあるんですよね。この便利さを知ってしまったら、もう元には戻れません。それくらい便利です。

このメモ体制のおかげで、ぼくは思いついたことをサッとメモしています。ブログネタの他にも、人から聞いた気になるフレーズや言葉、雑記的なものなど、合計3つを使っています。

これがないとやっていけません!っていうくらい便利なので、Androidスマホをお使いの方はぜひお試しください!

[メモ魔向け]「Google Keep」にメモを集約。端末間同期が便利!

2017.01.06

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。