いまMacBook Pro 15インチ(Mid2015)を買う3つのメリット。型落ちでも最高の製品であることに変わりはない!

【スポンサーリンク】

MacBook Pro 15インチを愛用中です!

昨年会社員を卒業した際、自分の書く能力を最大限引っ張り出してくれるデバイスとして、MacBook Pro 15インチを購入しました。

あれから半年。毎日12時間以上使いまくっています。

ぼくにとっては無くてならない、いちばん大切なデバイスです。

気に入っているとかそういうレベルではありません。ここまでくればもはやパートナーです。

 

【スポンサーリンク】

いまMacBook Pro 15インチ(Mid2015)を買う3つのメリット。

ぼくが買ったモデルはMacBook Pro 15インチ(Mid2015)です。

当時は最新のMacBook Pro 15インチ(Late2016)も選べたのですが、あえて型落ちモデルを選びました。

そして、この選択は正しかったと思っています。その理由は大きく3つあります。

  1. 最新モデルは高すぎる。
  2. 最新モデルは不具合が多すぎる。
  3. タッチバーいるの?

 

1,最新モデルは高すぎる。

単純な話、最新のMacBook Proはお値段が高いです。

これが少々どころの話ではなくて、同じMacBook Pro 15インチを買おうと思ったら、カスタマイズは一切なしで238,800円です。

数年使うとはいえ、さすがに20万円超えともなると笑えませんよね。清水の舞台から飛び下りるくらいの覚悟を持って、一念発起して買わないといけないことになってしまいますし。

そこで、ぼくはApple公式サイトにある「整備済み製品」からMid2015モデルを約17万円ほどで購入しました。カスタマイズが一切できない・そこにあるモデルしか選べないというデメリットはありますが、その代わり納得が行くのであれば最新機種に比べたら遥かに安く購入することができます。

ぼくはUSキーボードのほうが好きなのでずっとこだわって使ってきましたが、今回はこの点を諦めて購入しました。いまはもうすっかり慣れてしまったので、別にJISキーボードでも問題ありません。それよりも、いい製品が安く買えて良かったです。

 

2,最新モデルは不具合が多すぎる。

最新のLate2016モデルは、発売当初から不具合を連発していました。

いま現在は多少改善されたとはいえ、完全には治りきっていない状況です。しかも、いま現在Apple自身も修理不可能と言っている始末…なんだそれ。

最新のアップル製品は3世代は待て」と誰かに教わったことがありますが、まさにこれです。

最新モデルがここまでバグっているのを見て、しっかり安定していた前世代機を購入したぼくは大正解でした。

 

3,タッチバーいるの?

最新モデルでいちばん話題になったのが「TouchBar」です。

(引用:MacBook Pro|Apple公式サイトより抜粋)

キーボード上部にある、黒くて細長いスペースがそれです。いちばん右端には指紋センサーが搭載されています。

従来のキーボードではファンクションキーが並んでいましたが、そこをタッチ式のディスプレイに置き換えたんですよね。このおかげで、ここに表示させるボタンや機能をアプリケーションごとに自由に設定できるようになりましたが、反面物理キーボードではなくなってしまったため、プログラマーからはあまり好意的には受け入れられていません。

ぼくはこれを見た当初「スゴい!」と思ったのですが、正直使いみちが浮かばなかったんですよね。いずれ各ソフト・アプリが対応してくれば変わるのでしょうが、発売から半年が経っても活用事例が聞こえてこないので、まだまだかな…という感じですね。

というわけで、これのためだけに購入する必要はないというのが、いまのぼくの見解です。

 

【スポンサーリンク】

型落ちモデルが欲しかったら「整備済み製品」をチェック!

Appleは新製品をリリースすると、それまで発売していたモデルの販売をストップしています。

その後は最新モデルのみが買えるようになるのですが、時々「整備済み製品」として以前より安く販売されることがあります。

(引用:Apple認定整備済製品|Apple公式サイトより抜粋)

「整備済み製品」とは、何らかの理由でAppleの手元に戻ってきたApple製品をリニューアル・整備して、再販できると認定された製品のことです。再販できる製品の審査基準が厳しいことで有名なのですが、それくらいチカラを入れて再整備しているので、ユーザーとしては安心して買うことができます。

いつもここに大量の製品があるわけではなくて、再整備して販売OKとなった製品のみが上がってくる仕組みなので台数限定になります。また通常モデルと違ってカスタマイズすることは一切できません。

その点を理解できて、自分が気に入ったモデルがあれば、ぜひ購入することをオススメします。

Apple製品は値下げ販売されることがまずないので、ここは狙いどころですよ!

Macは安く買える。そう、「整備済み製品」ならね。

2016.11.29

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。