LINE Payカードが熱い5つの理由。スマホ決済の未来はこれだ。

【スポンサーリンク】

急に思い立って「LINE Pay」と「LINE Payカード」を使いはじめました。

しばらく前から気にはなっていましたが、「LINE Pay」ならキャッシュレス・ウォレットレスな生活ができるのではないか?ということに気がついたんですよね。

実際に使い始めてみたところ、これがあまりに便利だったので、率直な感想と熱いと思ったポイントをまとめます。

 

LINE Payカードが熱い5つの理由。

実際に「LINE Pay」と「LINE Payカード」を使い始めてみて、これは熱い!すごい!と思ったポイントをまとめてみました。

  1. 「LINE」ユーザーなら誰でも使えて、いつでも残高を確認できる。
  2. おサイフケータイ不要でモバイル決済できる(カードがなくてもスマホ画面を見せれば決済可能)
  3. 「LINE Payカード」を使えばJCB加盟店舗でカード決済可能。
  4. LINEユーザー間で送金しあえる。
  5. ポイント還元率が高い。

 

1,「LINE」ユーザーなら誰でも使えて、いつでも残高を確認できる。

「LINE Pay」はコミュニケーションアプリ「LINE」のユーザーなら誰でも使うことができます。

初期登録・入金は必要ですが、そこまで完了すればすぐに使えます。Suicaなどと同じく先に入金しないと使えないプリペイド方式なので、使いすぎる心配がありません。そのため、特に年齢制限はありません。

LINEアプリ内の「LINE Pay」を開けばいつでも残高を確認することができるので、このためだけに専用アプリを入手する必要はありません。

とてもシンプルでわかりやすいのが「LINE Pay」の特徴です。

 

2,おサイフケータイ不要でモバイル決済できる(カードがなくてもスマホ画面を見せれば決済可能)

「LINE Pay」はスマホ画面を見せて支払うことができます。

「LINE」を立ち上げて、「その他」→「LINE Pay」→「コード」をタップすると2次元コード・QRコードを表示できます。レジなどで必要な方をスキャンしてもらうと、すぐに支払いが完了します。これがスゴくかんたんで、はじめて使うとかなり感動します。

スマホに表示したバーコード画面を見せて使うだけなので、いわゆるおサイフケータイの仕組みとはまったく別物です。使い方に違いはありますが、おサイフケータイ対応スマホでなくても、スマホ決済をすることができるようになります。

わざわざ高いおサイフケータイ対応スマホを買わなくても、いま手元にあるお気に入りのスマホからすぐに使うことができるので、とてもかんたんですね。

 

3,「LINE Payカード」を使えばJCB加盟店舗でカード決済可能。

「LINE Pay」はLINEアプリから使うことができますが、それだけでは店舗側にバーコードリーダー等の設備がないと使えません。

そこで、実際の店舗でも使えるようにするための方法として「LINE Payカード」という物理カードが用意されています。

「LINE Payカード」はJCB加盟店で使うことができるカードですが、プリペイドカードなので先に入金していないと使うことができません。その代わり、プリペイド方式なので年齢に関係なく持つことができます。

分割払いには非対応で、一括払いだけしかできません。

「LINE Pay」と「LINE Payカード」は連携して使うので、どちらで入金してもお互いで共有できて、どちらからでも支払うことができます。即座に「LINE Pay」の画面に残高が反映されます。

「LINE Payカード」のデザインは全部で7種類あります。ぼくが選んだクマ柄のカードの他に、黒一色の超シンプルなデザインや、カラフル・ポップなデザインなどが用意されています。1種類だけ店頭限定デザインもあります。

 

4,LINEユーザー間で送金しあえる。

「LINE Pay」はスマホから操作できるので、それを活かしてユーザー間で送金し合うことができます。

この機能を使うには、あらかじめ本人確認が必要になります。チャージ用の銀行口座を登録するか、身分証明書をアップロードすることで使うことができるようになります。

ぼくは当初この機能に限ってはあまり使うシーンはないかな?と思っていましたが、いやいやありました。利用が考えられるシーンをザッと挙げるとこんな感じです。

  • 飲み会の参加費を集める・割り勘する(送金依頼・割り勘)
  • 共同購入をお願いしている人にあらかじめ送金しておく(送金)
  • おこづかい・お年玉を送金する(送金)

例えば、飲み会でよくある「割り勘が細かすぎて面倒」という場合も、「LINE Pay」の割り勘機能を使えば1円単位まできっちり割り勘することができます。幹事になったユーザーから参加しているユーザーにメッセージ発信して、代金の徴収依頼をかけられます。

生協などの共同購入をお願いしている人に、あらかじめ送金しておくというのも便利ですね。わざわざ現金を持ってきっちり払うのは手間ですし、受け取る側としてもその現金を入金しに行く手間がありますよね。

まだまだ利用シーンはありそうですが、うまく使えば送金・送金依頼・割り勘はかなり便利な機能ですね。

 

5,ポイント還元率が高い。

「LINE Pay」ポイント還元率が2%と高いです。

100円の利用で2ポイントが付与されます。ただし、2次元コード・QRコードを表示して使う「コード決済」ではポイントが付与されません。

溜まったポイントでスタンプや着せかえを買ったり、ポイントを「LINE Pay」に還元することができます。1ポイント1円で使えるので、ユーザーに優しいポイントサービスと言えそうです。

 

【スポンサーリンク】

LINE Payは新世代電子マネー。うまく使えば「持たない生活」ができるよ!

「LINE Pay」はスマホ決済の新しいかたちです。

いままであった電子マネーとは違い、電子的にも物理的にも支払いをすることができる点は、いままでなかったサービスです。

これがもっと普及・進化していくと、現金を持たない「キャッシュレス」になりますし、将来的には財布すら要らない「ウォレットレス」にまでたどり着けそうです。

次第に利用者が増えているそうですが、導入する側に広まっていけば、次第に現実になっていくのではないかと思っています。

現金はかさばるし、管理が面倒なだけなので、早くここまで進化してほしいなぁ。

 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。