LINEモバイルを快適に使う。契約者連携・利用者連携ってなに?どうやるの?

【スポンサーリンク】

LINEモバイルは、他の格安SIMと違い「LINE」アプリから様々なサービス・サポートを受けることができます。

でも、ただそのまま使い始めただけでは「使えない機能」があるんですよね。

かんたんな登録をするだけで快適に使えるようになるので、ぜひその準備をしましょう!

 

契約者連携・利用者連携をしよう。

LINEモバイルを快適に使うためには契約者連携・利用者連携が必要です。

これをやらないと、必要なときにサポートが受けられなかったり、使いたい機能が使えないなどが発生します。

 

契約者連携・利用者連携ってなに?

契約者・利用者は聞きなれない言葉ですが、公式サイト上でこう説明されていました。

契約者とは、LINEモバイルへのお申し込みを行い、LINEモバイル株式会社とLINEモバイル通信サービスの利用に係る契約を締結したお客様のことをいいます。

利用者とは、契約者の方が別途登録するLINEモバイル通信サービスを利用するお客様のことをいいます。

(引用:よくある質問・ヘルプ|LINEモバイル公式サイトより抜粋)

つまり、契約者連携・利用者連携はこういうことになりますね。

  • 契約者連携 → LINEモバイルを契約した人が、契約者情報をLINEアカウントと連携する
  • 利用者連携 → LINEモバイルを契約した人が、契約時に登録した「実際に使う利用者の情報」をLINEアカウントと連携する

自分ひとりで使うのならどちらも「自分」ということになります。

例えば、子どもは一人で契約することができないので、両親が契約(=契約者)して、子どもが利用(=利用者)することになります。

 

これをやるとどうなるの?

各種サポート・問い合わせや、追加データ購入ができるようになります。

■契約者連携でできるようになること

LINE公式アカウント上でのマイページログイン

LINEポイントの付与(月額基本利用料の1%が付与されます)

■利用者連携でできるようになること

データ残量の確認機能

データプレゼント(受け取る側も設定が必要です!)

(引用:LINEモバイルのLINE公式アカウントで契約者連携&利用者連携をしよう|LINE MOBILE 公式ブログより抜粋)

両方設定しておけば、LINEアプリから各種確認やサポートを受けられるので、ぜひやっておきましょう。

 

どこから連携するの?

契約者連携・利用者連携は、LINEの「LINEモバイル公式アカウント」から設定できます。

契約者連携は、契約時に設定したマイページへの「ログインID」と「パスワード」を設定します。

利用者連携は、マイページの「契約情報」の中にある16桁の「利用コード」を入力します。こちらはアルファベット・数字・大文字・小文字が混ざっていますので、間違いのないように入力します。

以上で完成です!

 

【スポンサーリンク】

LINEアプリでほとんどのことができるLINEモバイルは便利だ。

というわけで、契約者連携・利用者連携についてまとめてみました。

契約情報やデータ残量確認のためだけに余計なアプリを入れることなく、いまあるLINEアプリですべてが完結するので、とにかくラクでいいですね。

LINEは使いやすいので、それをそのまま契約管理に使える点はとっても優れています。

もし万が一わからないことがあったら、LINEアプリから「LINEモバイル」に対してチャットでサポートしてもらうことができるので、わざわざ電話したりメールを送る必要は一切ありません。

これほんとスゴいですよね!

いやー、ほんと乗り換えてよかったです!

 

1ヶ月以上使ってみて確信しました。LINEモバイルは「最強格安SIM」です。

毎月の通信費を12,801円 → 1,200円〜に下げる!格安SIM・LINEモバイル加入方法+おすすめプラン

2017.04.08

ヘビーユーザーこそLINEモバイルに乗り換えたほうがいい4つの理由。

2017.03.03

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。