【導入必須】個人事業主の会計ソフトは迷わずfreeeを導入すべし!

【スポンサーリンク】

個人事業主の会計ソフトは迷わず「freee」を導入すべし!

まだ開業届等は出していないのですが、ぼくは昨年会社を辞めたので、これからは個人事業主として働きます。

今後の働き方は「組織」に属さない、いわゆるフリーランスです。そのなりたて初心者、ぴちぴちの1年生です。つまり、これからはなんでも自分でやらなければいけませんし、すべてを自分で把握して置かなければなりません。

そんなぼくがいま一番気になっているのは「会計管理」や「確定申告」です。会社員時代はまったく無縁でしたが、個人事業主には必須の作業です。でも当然ながらやったことがないので、どうすればいいのか…大丈夫かな…など、不安だらけです。

そんなぼくを支えてくれるありがたいサービスが「freee」です。

freee」はクラウドで管理してくれる会計ソフトのひとつです。他にも同様のサービスがありますが、多くの方が使っているということと、知り合いに使っている人が多いので、こちらを使おうと考えています。

 

【スポンサーリンク】

「freee」はシンプルでスッキリ!

まずは30日間のお試しができるので、そちらをやってみました。このあと有料登録するつもりですが、せっかくなのでお試し期間を活用してみます。

スマホアプリもありますが、ぼくはまずPCから登録してみました。

ここから下の画像はすべてサンプル画面ですが、雰囲気がわかるので参考にしていただければ幸いです。

 

PC版のスッキリとした作りに好感度大!

登録を済ませてログインすると早速シンプルな画面が登場。スッキリしています。

パソコン 01 会計freee トップ

freee」で管理できる銀行・カード会社が多いので、大抵の場合は困ることがなさそうですね。

パソコン 02 対応銀行 クレカは3 000位上

登録・指定すれば銀行やカードの出入金を管理してくれます。それも全自動で!すげぇ。

パソコン 07 銀行 クレジットカード連携画面

取り込んだデータや入力したデータを元に、「レポート」から収支状況を分析できます。これがあると動きがわかって助かります。それにしても見やすい画面だ…。

パソコン 08 売上 支出レポートで経営数字も管理

ぼくが心配していた確定申告に向けた項目もちゃんとありました。これこれ!これが使いたかったんですよ!

パソコン 11 パソコン 確定申告書類作成

各種項目に情報を入力していくと、最終的にはここまで出力が可能です。おお、これはラクだ♪

パソコン 13 申告書類の出力イメージ

 

スマホアプリも超シンプルだけど多機能!

freee」には無料で使えるスマホアプリがあります。

会計アプリfreee(フリー) 確定申告、青色申告、白色申告
会計アプリfreee(フリー) 確定申告、青色申告、白色申告
開発元:freee k.k.
無料
posted with アプリーチ

こちらもPC版と同じシンプルな使い勝手を提供してくれています。まずはPC版と同じメールアドレス・パスワードでログイン!

スマホ 02 ログイン画面

ホーム画面からしてスッキリしてます。早速「確定申告」なんて書かれていますね。

スマホ 03 トップ画面 初めてでも分かりやすい見た目

なんと、レシートをカメラで撮影してアップすると、それを文字情報化して取引データを自動で作成してくれます。これ、スマホアプリを使うことのメリットですね。

スマホ 05 領収書を撮影するだけで 会計処理

カメラで撮影するだけなので超かんたん!

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b_06_%e9%a0%98%e5%8f%8e%e6%9b%b8%e3%82%92%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%91%e3%81%a6%e3%82%99%e3%80%81%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%87%a6%e7%90%86

もちろん、ここからでも確定申告の作業が進められます。スキマ時間を活用できるのはありがたいですね。

スマホ 12 確定申告の流れ

 

【スポンサーリンク】

ぼくが感じる「freee」のいいところ

freee」は、会計の知識に詳しくなくても使えるように設計されています。

いろいろ調べてわかってきましたが、「貸方・借方」などの会計特有のキーワードが出てきません。概念としては存在していますが、普通に使っていると出てこないんですよね。

ここが「freee」のいいところですが、逆にそれではダメだという意見もネット上には多数見受けられました。

結局のところ、自分がどうしたいのか、会計ソフト自体の使い勝手はどうなのか、今後どう使っていくか、などを考えて導入するのが良さそうです。

ぼくのようなフリーランス1年生には、専門知識がなくても導入しやすいという点で「freee」はかなり魅力的ですね。

 

結論:もはや「freee」を使わない理由がない!

というわけで、ぼくの結論。

 

「迷ったら、悩まず使え、freeeの会計」

 

会計ソフトとしての機能はひととおり備わっていますし、比較的新しいツールなので全体的に使い勝手がとてもいいです。お試しで使ってみればわかりますよ。

ぼく個人としては、Macに正式対応しているところはありがたいです。

なおかつ、費用が安いところもありがたいんですよ。個人事業主なら9,800円/年です。破格!

プロブロガーと呼ばれる諸先輩方も使っているようですし、みなさんメリットをたっぷり実感していらっしゃる様子。ぼくもこれからどんどん使っていきますよ!

悩まれている方は、まずは30日間無料お試しで使い勝手を検証されてみてはいかがでしょうか?

freee」のシンプルで奥の深いツールに惹かれると思いますよ。ぜひお試しあれ♪

全自動のクラウド会計ソフト

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。