iPad miniシリーズが廃番になりそうなので、次に使うタブレットを真剣に考えてみた。

【スポンサーリンク】

iPad miniシリーズが廃番?

2017年5月中旬に流れたこのウワサ。

あくまで「ウワサ」なので、確証はありません。

ですが、「火のないところに煙は立たない」ので、万が一の可能性がありそうです。

こんなに便利に使っているのにそれは困った…それなら!ということで、次に使うタブレット端末について考えてみました。

 

【スポンサーリンク】

次に使うタブレットを真剣に考えてみた。

ぼくはタブレット端末ヘビーユーザーです。

いま使っているiPad mini4ではWebブラウジング・メールチェックはもちろん、SNS応答・Kindleアプルでマンガや雑誌を読むなどに使っています。

特に、ギター用の楽譜表示にはかなり重宝していて、普段のレッスン時は楽譜を表示して使っています。画面サイズが7.9インチでちょっと小さいかな…と思わなくはないですが、携帯性バツグンなので気軽に持ち出すことができます。

そういう使い方も踏まえて、次に使うタブレット端末を考えます。

  • HUAWEI MediaPad M3
  • ASUS ZenPad 3S
  • Lenovo YOGA Tablet
  • iPad Pro 10.5インチ
  • Chromebook Flip

 

HUAWEI MediaPad M3

最近イチオシしているHUAWEIのタブレットです。

8.4インチの画面がうれしいですが、スピーカーにこだわっているとのことなので、動画・音楽再生には強そうですね。

まもなく10インチ版「MediaPad M3 10 Lite」が登場するようなので、そちらを狙っても良さそうです。

 

ASUS ZenPad 3S

ASUS製Androidタブレットです。

こちらの最大の特徴はスピーカーが4つ搭載されている点と、「Zstylus Pen」と呼ばれる別売りの専用ペンが使えることです。

ブログ用に絵を書きたい・増やしたいと思っているので、そういう用途にも使える点はポイントが高いです。

HUAWEI製品よりも価格が若干高いので、お財布と相談ですね。

 

Lenovo YOGA Tablet

Lenovoが作ったAndroidタブレットです。

特徴はある一辺が大きくなっていることです。

普通のタブレットは一枚板になっているのですが、こちらのタブレットは長辺の片側が筒状になっていて、そこをつかむようにして持てばしっかりホールドできるようになっています。

スタンドも内蔵しているので、これひとつあればすぐに映画や動画鑑賞を楽しむことができます。

 

iPad Pro 10.5インチ

現在使っているiPad mini4からのアップグレードと考えたら、こちらは最有力です。

「ApplePencil」を買ってくればペンタブとしても使えますし、豊富なiOSアプリは引き続き使えますし、いちばん障害が少ない乗換方法といえそうです。

しかし!価格が高いのが難点ですね。なんでこんなにも高いのか…というくらい高いのです。

いちばん容量が少ない64GB版でもこれくらいします。

  • Wi-Fi版 → 69,800円
  • Wi-Fi+Cellular版 → 84,800円

容量が大きくなれば当然値段も高くなるので、さすがに購入には慎重にならざるを得ませんね。

 

Chromebook Flip

ぼくが使っているChromebook Flip C100PAはディスプレイを360度回転させて「タブレットモード」にすることができます。

ディスプレイ自体がタッチパネルになっているので、この状態でアプリを使うことができます。まだ限定的ではありますがAndroidアプリが動くようになったので、これを使えばわざわざAndroidタブレットを買わなくても良さそうです。

ひとつ注文をつけるとすれば、元々はノートパソコンなのでキーボードがあります。タブレットモードにすると背面にキーボードがむき出しの状態になるので、手の持ったときの感触が良くないです。

また、ノートパソコンにしては890gと軽いですが、タブレットとして考えたら重いほうなので、その点は覚悟して使ったほうが良さそうです。

 

【スポンサーリンク】

結論:現行路線のiPad Pro 10.5インチを買う or Chromebook Flipで十分!

というわけで、現時点での結論です。

「 iPad mini4の路線を引き継げるiPad Pro10.5インチを買うか、またはすでに持っているChromebook Flipで十分 」です。

特にChromebook Flipの活用は熱いですね。

インターネット接続前提・クラウドに完全依存したChromeOSを搭載していますが、Chromeブラウザだけが動くように設計されていて、本体スペックが低くても十分サクサク動くようにできています。

機種限定・アプリも一部対応ではありますが、2016年夏頃からAndroidアプリが動くようになったので、対応機種は利用シーンが広がった点も見逃せません。DropboxなどのファイルシステムとOSベースで接続できるので、初期設定以外で特別な準備は必要ありません。

これさえあれば、正直Mac+iPadの組み合わせも必要なさそうです。現にこれ1台に集約された方もいるので、そういう使い方ができるということですね。

ここまで良いと、上位機種・Chromebook Flip C302CAも気になりますね…それを買って1台に集約してしまうのも手かもしれません。

うーん、やっぱりChromebookはPCの未来だなぁ。

 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。