自宅の光回線が激遅すぎてビビる…よし、NURO光に乗り換えだ!

【スポンサーリンク】

光回線でインターネット接続中!…でも遅すぎてビビる。

我が家は光回線でインターネットに接続しています。

いままで一人暮らしではずっと「WiMAX2+」を使っていて、1台で家でも外でも高速なインターネット回線が使えて便利でした。

でも、実家に戻って光回線を使いはじめたところ、その圧倒的な速さに驚いてしまいました。

この速さに慣れてしまうと、正直元には戻れませんね。

でも、最近速度が遅いんですよ。

なにするにも詰まっている感じで、時間帯に関係なくとにかく不便しています。

これのどこが光の速さなんだろう…?

 

【スポンサーリンク】

光回線ってこんなにつまるものだっけ?

その昔、光回線を使っていたころに体感していたスピードと、いま体感しているスピードがあまりに違いすぎてビックリしています。

なんでこんなに遅いの?と思ったので、平日19時台に連続して速度測定をやってみたところ、こんな結果がでました。

下り(Mbps) 上り(Mbps) ping(ms)
1回目 30.88 25.74 5
2回目 22.69 28.05 4
3回目 22.39 52.08 4
4回目 33.03 54.18 5
5回目 17.35 76.71 7
6回目 31.17 75.10 7
平均 26.25 51.97 5.33

どこぞの業者の回線なのですが、その業者をさらしたいわけではないので、ここでは伏せておきます。

が!この速度はないでしょう。光回線ってもっと速いんじゃなかったっけ…?

これだったらWiMAX2+のほうが同じか速いくらいですし、携帯のデータ通信と比べたらそっちのほうがはるかに速いです。

しかもこれ、結構つまるんですよ。通信が詰まって、激遅になって、ルーター壊れたかな?と思うことが多々あります。

さすがにこれはダメだ!ということで乗り換えを検討することにしました。

 

【スポンサーリンク】

乗り換えるならNURO!

散々調べた結果、乗り換え先を世界最速インターネットNURO 光にしました。

理由はずばり「速度が速いこと」で、また付随するサービスがいいと判断したからです。

速度に関しては、それはもうずいぶん速いと評判になっていますよね。

我が家のインターネット回線と比べたら、速度がとんでもなく速いですね。

カタログ上で「下り最大2GB」とうたわれていて、公称値なのでさすがにそのとおりというわけにはいきませんが、それでもかなり速い速度が出そうです。

ここまで速いのなら即乗り換えたい!と思っているのですが、どうやら人気になっているようで、回線工事にかなり時間がかかる見込みとのこと。これは期待が高まる…!

 

遅い固定回線は捨てよう。

ぼくは、一人暮らしでも家族ぐらしでもインターネット回線はWiMAX2+にしたほうが便利だと考えています。

持ち運んだり、引っ越したり、旅行に行くときなど、WiMAX2+ならどこへでも連れて行けてすぐに使えるので、これほど便利なものはないと思っているからです。

でも、在宅ワークなど仕事の都合でずっと自宅にいたりする場合は、高速な光回線にしたほうが速度の波・ムラや制限がなくてラクになると思っています。

つまり、ライフスタイルにあわせて回線を選べばいいということですね。

ただし、どんな場合でも遅い固定回線は早めに捨ててしまったほうが賢明です。遅いと仕事がはかどりませんし、ムダにイライラするので精神衛生上よろしくありませんので。

というわけで、ぼくはNURO光に乗り換えて、仕事のスピードを上げていきます!