いまの時代を乗り切るには、インターネット上の「影響力」が必須。

【スポンサーリンク】

インターネット上の「影響力」が必須の時代

インターネット上での「影響力」というものをご存知でしょうか?

「自分が世の中に対して、インターネットを通じていかに影響できるか」というチカラのことです。Twitter・Instagram・noteのフォロワー数、ブログの月間読者数・PV数、クラウドソーシングでの作業数・承認率など、そういうものが大きなチカラを発揮します。

「なにそれ?」と言われそうですが、これほんとうのことです。そこに気が付いていない人がほとんどで、これを身に着けている人ってほんの一握りなんですよね。気が付いていても影響力が小さい人のほうが圧倒的に多くて、残念ながら現時点でのぼくも影響力はまだまだ小さいほうです。それを徐々に上げていくための対策はとっていますけどね。

これを持っているか・いないかは、これからの世の中で大きく影響します。

 

【スポンサーリンク】

影響力はそのまま収益につながる

影響力がなんで大切か?という話ですが、それがそのまま収益・稼ぎにつながるからです。

例えば、イケダハヤトさんはTwitterのフォロワーが約8万人ほどいらっしゃいます。このフォロワーに対して、多くの人にとっておトクな情報を共有することができたとしたら、きっとそれを求める人が大勢出てきますよね。Facebookページもしかり、Instagramもしかりです。

「自分が発信することがどれほどの人に伝達できるか」によって、金額が大きく変わっていきます。ブログのPV数と広告クリック数はリアルに連動するところなので、まさにこのとおりです。それくらいフォロワーの数って重要な要素になるんですよね。

当然、フォロワーがいなければ拡散もしないですし、見てくれる人もいないですし、広告を見る人だっていません。最初から「稼ごう!」と思ってブログを始めた人たちがどんどんやめていっている理由のひとつが、この影響力がなかったばっかりに「思った以上に稼げなかった」と思っているのは真理です。

そのイケダハヤトさんだって、最初は稼げていなかった事実があります。相当な努力を積まれたからこそいまのポジションがあるんですよね。そこから見ても、影響力を身につけて収益につなげていくためには、地道にやっていくより他に方法がありません。

 

【スポンサーリンク】

そもそも情報発信していなかったら「存在していないのと同じ」

そもそもですが、情報発信をしていなかったら、この世に存在していないのと同じです。

毎日ボーっと過ごして、なんとなく仕事して帰ってきて、ご飯食べて寝ているだけでは、だれもあなたのことを知ることはできないし、存在していることにすら気が付きません。

もしやっていたとしても「今日はご飯食べた」とか「遊びに行って楽しかった」程度では、見向きもされないでしょう。芸能人でもなければこの手の「日記」は読まれませんし、読みませんよね。

自分の意見をしっかり持って、それを発信するから見てくれるんです。ただ楽しいだけで過ごすか、しっかり使うかの差は、果てしなく大きいです。

 

生き残るために意識的に発信して行こう

どんなにいい考え・アイデアを持っていても、優れた知識を持っていても、それを使えるフィールドがなければ宝の持ち腐れになってしまいます。それらを活かすことができれば、お金だって増えていくはずです。

そのためには、正しく発信する必要があります。それも、インターネットをとおしてやることに意味があります。

いまやインターネットは使えてあたりまえのものなので、ブログ・Twitter・Instagramなどを積極的に使っていくことで、影響力を大きくしていくことができます。

「影響力」は、自ら積極的にやれば増えて、やらなければなにも変わらないという話です。

さて、あなたが選ぶのはどっち?

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。