自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ by 岡本太郎

【スポンサーリンク】

岡本太郎の言葉には共感するものがいっぱいある。

ぼくは岡本太郎の言葉が好きです。

数年前に会社でひどい目にあったとき、もがき続けていたときがありました。

そんなときに岡本太郎のこの本と言葉に触れられたことで、どん底からはい上がってこれました。

この本だけはたびたび読み返していて、ごく最近読んだときに印象に残ったキーワードがこちらでした。

「自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ」

ブログを書いていると、この言葉は特に響く言葉です。

なぜなら、伝えたいことを伝えないで、きれいサッパリまとめようとしたところでなんにも伝わらないからです。

 

【スポンサーリンク】

自分の全力を振り絞って書くのが先。

毎日ブログに向かって文章を書いていると、たくさん思うところはあります。

  • ヘタの文章よりも、うまい文章のほうがいい。
  • 汚い文章よりも、きれいな文章のほうがいい。
  • わかりづらい文章よりも、わかりやすい文章の方がいい。
  • つまらない文章よりも、おもしろおい文章のほうがいい。
  • なにを言っているのかわからない文章よりも、誰が見てもわかる文章のほうがいい

書き手としてはたくさんの人に読んでもらったほうがうれしいですし、良いように見られたいと思うのは普通です。

でも、それだけでは刺さらないんですよ。それがどんなにうまくてキレイでわかりやすかったとしても、伝わらないんですよね。そもそも、誰もきれいに書けなんて言っていないのに、どうしてかそうなっているんです。

先にやるべきなのは、自分が全力で書くことであって、上手い下手ではないはずです。書いてもいないのに職員芸的なSEO対策をしたところで広がらないし、誰にも響かないんですよね。

むしろ、ヘタでも良いから全力で言いたいことを書いたほうが、よっぽど響きます。

 

【スポンサーリンク】

自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ

ブログがたくさんの人に読まれるようになるのは、とても嬉しいことです。

でも、批判を恐れるあまり中性的すぎるブログになってしまっては、読んでくれる人は増えません。

もちろん、他人を実名で批判するのは良くないし誰も得しませんが、批判覚悟で言いたいことを言い切ることが大事だとぼくは考えています。それで友達が減ったり、会社を辞めることになったとしたら、それまでの関係だったということです。

だから、ブログは誰に遠慮することなくはっきりと言ってしまえばいいし、伝えてしまっていいんですよ。

だって、そこはあなたが編集長のブログなんですから。