[宣言]2017年は1日平均8時間以上寝ます。

【スポンサーリンク】

8時間以上寝ています。

会社を辞めてから、飛躍的に改善されたのが睡眠時間です。

それまでは平日5時間、土日等の休みで8〜10時間近く寝ていました。

「寝だめ」なんて出来ないとわかっていても、身体が疲れていて、休みの日は自然と眠れちゃうんですよね。

それが、会社を辞めてからは毎日8時間は寝ています。

ごくまれに予定に合わせて睡眠時間が短くなることはありますが、基本的に8時間は寝ているので、実に健康的です。

感覚として、これくらい寝ないとアタマが回らないこともよくわかりました。

 

【スポンサーリンク】

世界のトップリーダーたちもしっかり寝ていた

寝るってすごく大事だよな…と改めて感じていたときに、タイミングのいい記事があがっていました。

一言でまとめると「 寝ていないヤツはダメ 」ということですね。

ときどき「寝ていない自慢」をしてくる人がいますが、それって結構恥ずかしいですよ。

どんなに忙しくても、寝る時間をしっかり確保しないと良い仕事にはつながらないとはっきり自覚すべきですね。

そういうぼくも新卒で会社員になって以降、慢性的に寝不足が続いていました。

ぼくはもともとロングスリーパーなので平日・休日関係なく長めに寝ているほうでしたが、そんな人が4〜5時間寝たくらいで回復できるわけがないんですよ。

だから日中も眠くなるし、通勤電車で座ることができたらすかさず寝ていましたし、なんだったら立ったまま寝ていることもあったくらいです。どうみてもあれは異常でしたね…。

 

【スポンサーリンク】

健康的に生きるために、働く環境を変えよう

話がちょっと飛躍しますが、健康的に生きるためには、健康的な生活が送れるような仕事に付いていないと難しいですよね。

偉い人たちが古臭い根性論を振りかざしているせいで、無理ばかりをさせてしまい、思考停止しちゃって、それが自殺や過労死につながるんですから。会社のトップ・役員・リーダーはもっと自覚すべしです。

社員側もやられっぱなしになっていないで、よりよい環境で働くように、積極的に動きましょう。そうすれば悲しい事件は減るし、そもそもよりよい環境に移れば経験をたくさん積めますよ。

「おれぜんぜんダメだから…」とか「わたしちっとも縁がないし…」とか嘆いてないで、さっさと動きましょう!

ぼくがおすすめする転職サイトを参考にして、2017年はいい年にしませんか?

2017年はいまの会社をやめて転職しよう。オススメ転職サイト4選!

2016.12.28

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。
ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。
自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。
詳しいプロフィールはこちらから。