スマホが最高のAIデバイスになる「Google Lens」がひたすらスゴい。

【スポンサーリンク】

Google I/O 2017を全部見ました。

日本時間で2017年5月18日2時にスタートした「Google I/O 2017」。

毎年1回、この時期に開催されるこの大きなイベントは、Googleが作っている最新のシステム・サービスを知ることができます。

インターネット越しに開始から終了まで全部リアルタイムで見ましたが、今年は主に「AI」に関連するサービスの発表が多かった印象です。

次期アップデート「Android O」や、Googleフォトの進化、Google Homeの日本発売などが話題になりましたが、ぼくはその中でも「Google Lens」がいちばんの発表だったのではないかと思っています。

 

【スポンサーリンク】

スマホが最高のAIデバイスになる「Google Lens」がひたすらスゴい。

「Google Lens」は、スマホのカメラを活用した新しいAIサービスです。

これを使うと、こんなことができます。

  • カメラを向けたものの情報を調べて瞬時に情報表示してくれる
  • カメラに写ったものを翻訳して、どんなものなのか参考画像を表示してくれる
  • ポスターの日程を読み取って、予定をカレンダーに追加してくれる
  • Wi-FiのSSID・パスワードを撮ると勝手に設定して接続する

かんたんなGIF動画がGoogleによってアップされているので、これを見るとどんな感じなのかが一発でわかります。

まるでスマホが目になってくれて、必要な情報をリアルタイムに検索→表示してくれるなんて、まさに優秀なアシスタントのような働きをしてくれるようになります。Wi-Fi情報を認識して、自動的にSSID・パスワードをセットしてつないでくれるなんて、超便利じゃないですか!

もうポチポチと入力しなくていいんですね。これはすごい未来だ…!

 

【スポンサーリンク】

Googleのサービスを快適に使いたかったらAndroidスマホ・Chromebookを使うのがいちばんだ。

Googleはサービス開発のスピード・精度が高いですよね。

すでに実現しているサービス自体も優秀なものばかりで、どれも必要なサービスばかりです。

Gmail・Googleマップはほぼ毎日使いますし、カレンダーもなくては困りますし、スプレッドシート・ドキュメントも仕事するのに必要です。

それらのサービスを使うなら、やっぱりGoogleが作ったOSで使うのがいちばん快適です。というのも、iPhoneよりも先に機能が搭載されたり、いまだにiPhoneでは実現していない機能があったりするからです。

毎日使うスマホだからこそ快適に使えるほうがいいのはわかりますが、いまやAndroidスマホはiPhoneをも超えている部分がたくさんあります。そう考えたら、Googleのサービスをたくさん使う方はAndroidスマホの導入を検討してもいいかもしれません。

ぼくはiPhoneから乗り換えて2年以上使っていますが、むしろiPhone時代よりも快適に使えるようになりましたよ。いま使っている「HUAWEI nova」は小型・計量で最高のデバイスです!

PCもChromebookを頻繁に使うので、Googleアカウントに依存しっぱなしです。

こんな感じですっかりGoogleのお世話になりっぱなしなので、ぼくはGoogleが進化していくのが楽しみで仕方ありません。

来年はどんな進化がやってくるのか…いまからワクワクします!