人見知りで困ってる?→ありのままでいいじゃん。思い込みは捨てよう

【スポンサーリンク】

人見知りで困ってる?

ぼくはかなりの人見知りです。

親友や相当仲の良い友人とはものすごく話しますが、それ以外はほぼアウトです。

元々営業職をやっていたので、外面は外交的にすることができますが、その魔法は短時間ですぐに解けてしまいます。

いろんな人の話を聞いていると、意外と同じようなタイプの人はいるんですよね。

でも、ぼくはこう思っています。

そのまま人見知りのままでいいじゃん、と。

 

【スポンサーリンク】

なんで人見知りがダメなの?直さなくちゃいけないものなの?

「人見知りはダメ」「早く直せ」とよく言われますが、なんでダメなのでしょうか?

そんなに一生懸命直さなくては行けないものだったのでしょうか?

ここがぼくにはわからなくて、自分がどう思っていようが、それで特に困っていないのであれば、問題ないんですよ。

無理に複数人で話をするとか疲れるだけだし、話したくもない人と話す必要はないし、わざわざそこでがんばらなくていいと思うんですよね。

だから、「そんなんではダメだ」とか「その人見知りを直せ」と言われると、正直ぼくからすると余計なお世話です。

あんまりしつこく「ダメ」「直せ」と言われると、逆にこう思ってしまいます。

あなたが人見知り相手には話せないからなんじゃないの?

 

【スポンサーリンク】

ありのままでいいじゃん。

どんな性格だろうが、どんな生き方だろうが、とくに不自由なく生きているのであれば、そのままでいいじゃないですか。

人見知りだっておなじです。どんな自分だって「自分」なんですから、そのまま・ありのまま受け入れてしまえばいいのではないでしょうか。

だから、他人がどう言おうが、人見知りが欠点だなんて思わなくていいんですよ。誰かにあわせる必要はないし、同調することもありません。直感で「違う」と思ったら、すぐにその場を離れてしまえばいいんです。

他にも自分自身が「欠点」「コンプレックス」と思っている点だって、「それも自分なんだ」と思えたら、とてもラクに生きられますよ。

 

思い込みは捨てよう。

人見知りに限らず、どんなことでも思い込みはよくないです。

  • 「○○じゃなければダメだ」
  • 「□□のようになるべきだ」
  • 「▲▲ができて当然」

どう思おうが、それは本人の勝手かもしれません。

でも、もしいまなんとなくでも苦しいと感じているのだとしたら、それはあなた自身が自分で自分を縛っているからにすぎません。

そういう思い込みを持っていたら、一度全部捨ててみてはいかがでしょうか?

こういうときこそ、いまの自分を見つめられるチャンスです。普段とは違った位置から自分自身を客観的に見て、いまの自分がどうなっていて、どうしたらそこから抜け出せるのかを考えるくらいの時間は作れます。

そこに気がつけたのなら、きっとあなたはもっと前に進めますよ!

 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。