SNSのプロフィールは超大切!「どういう自分を見せたいのか」「見せ方」を考えよう

【スポンサーリンク】

プロフィールを意識して作っていますか?

SNSが流行ったおかげで、各SNS上で「プロフィール」を書く機会が増えました。

ぼくももちろん書いていますし、ほとんどの方がなにかしら書いていると思いますが、ここを意識して書いたことはありますでしょうか?

いろんな方のプロフィールを拝見していると、しっかり書かれている方とそうでない方がいて、しっかり書かれている方ほどなにかの分野で活躍されていたり、自分がなにをしているのか・何者なのかをはっきり書かれている傾向があるように見受けられます。

そういう方はご自分のアピールポイントを把握されていて、どこを伝えるべきか理解されているのでしょう。

そんなことを言っているぼくも、なかなかうまく書けなくて何度も書き直しています。正直「何度」どころか何百回レベルでの書き直しをしています。それも、ライフステージが変わるたびに作り直しているので、徹底して作っています。

今回は、そんなぼくがいままでやってきた「プロフィールを作成する上で気をつけているポイント」を1つだけお伝えします。

 

【スポンサーリンク】

「どういう自分」を見せたいのかを考える

ぼくがいちばん大事にしているポイントは「 どういう自分を見せたいのか 」という点です。なにを置いてもこれが重要だと考えています。

これが定まっていないと、自分という人物像がぼやけます。自分が何者なのかをはっきりさせるためには、「どういう自分を見せたいのか」をまず考えておく必要があります。

さらに加えて言うならば、使う場所によってしっかり分けることも大切です。それを自分がもともと持っている「軸」からブレることなく書き出します。

このポイントをおさえておけば、書き出したプロフィールに沿ったとおりの関係性を築いていくことができます。

 

【スポンサーリンク】

基本フォーマットを作っておいて出力先ごとに情報をカスタマイズする

例えば、「Aさん」がこんなプロフィールを書いていたとします。

Aと言います。

仕事が大好きで、大手商社で毎日○○をバリバリ販売しながら働いています!

スポーツが大好きで、昔から野球をやっています。根っからの野球少年でした。最近はサッカー日本代表の応援にも燃えています!

スポーツをやっていたので体力には自身があります!

最近料理を始めたので、休日は自炊しています。

よろしくおねがいします!

大好きなことがたくさん盛り込まれていて、きっと明るい人なんだろうな…くらいの情報は伝わってきます。

これを仕事向けにカスタマイズするとしたら、どういう風にするのがいいでしょうか。この場合、趣味よりも仕事に関することを中心にして伝えたほうが良さそうですよね。

Aと言います。

大手商社で○○の販売・営業を行っています。

この製品が大好きで、世の中の多くの人にもっと知ってほしい!と思っているので、毎日お客さんのもとへ足を運んでバリバリ紹介をしています。

プライベートでは野球・サッカーが大好きです。

最近は料理もはじめましたので、かんたんレシピ・おすすめメニューなどありましたら教えて頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。

仕事の話を軸にして、和む部分も付け加えてあるので、堅苦しいばかりでない点は読んでいてホッとしますね。

では、例えばスポーツ関係の仲間内での話だったら、こんな感じでいかがでしょうか。

Aと言います。

小さい頃からスポーツが大好きで、ずっと野球をやってきました。

いまはサッカーもやりますが、どっちかというと見るほうが好きです。特に日本代表戦は毎回応援に燃えてます!

体力には自身があるので、それを活かして仕事ではバリバリと外回りをやっています。

今後ともよろしくお願いします!

いちばん最初のパターンと同じことを言っているのですが、どう伝えるかでずいぶん印象が変わりますよね。これによって、相手の印象も違ってくるというのは、なんとなくご理解頂けるかと思います。

あたりまえですが、内容を変に盛ってしまったり、ウソを書いてしまってはNGです。

自分が伝えたいポイント・自分の中の「軸」はブレないようにしておいて、基本フォーマットを作って、出力先ごとにカスタマイズするのがオススメです。

 

プロフィールはインターネット上の名刺みたいなもの。手を抜かずにしっかり作ろう。

というわけで、ぼくがプロフィールを作る上でいちばん気にしているポイントを書き出してみました。

専門家・プロのみなさんが見たらまだまだな点はあるかもしれませんが、自分のプロフィールくらいは自分で作りたいじゃないですか。

それをやるために、自分のスキル・できること・得意分野、またはその反対の要素をしっかり把握しておくことは、ただプロフィールを作るためだけでなく、それらは自分自身のこの先の生き方にも大きく影響してくる要素ばかりです。

そのために時間を割いて「棚卸し」をするのは、とても有用なことです。

ぜひ一度、ご自分のプロフィールを見直してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、いままで気が付かなかった新しい発見があるかもしれませんよ?

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。