[クリスマスにDIY]クリスマス当日は実家の修繕を手伝っていました。

【スポンサーリンク】

クリスマスだ!よしDIYだ!

クリスマスが無事終了しましたね。

みなさんはどう過ごされたでしょうか?

デートしてました?ケーキ食べてました?

ぼくはブログを書く傍ら、実家の修繕作業をやっていました。かっこよく言うと「リノベーション」っていうやつですね。

これが実に楽しくて、ついついあれこれ試したくなってしまいました。

 

【スポンサーリンク】

ペンキ塗ってました

具体的になにをやっていたかというと、「ペンキ塗り」です。

おもにベランダまわりや窓の手すり、窓の木枠や屋根の一部、入り口の門やガレージなど、色あせている部分や前のペンキが剥がれている部分の上から新しいペンキを塗っていました。

手すりや門・ガレージは黒で、木枠や屋根はチョコレート色という具合に、場所によって色を変えて塗ります。

30分くらいで終わる予定でしたが、やり始めたら気になる部分が次々に見つかってしまい、結局2時間ほど作業して、暗くなったので切り上げてきました。

全部屋外での作業だったのでしっかり防寒していましたが、やっぱり寒いですね。この時期のDIYは身にこたえますね。

あまりに寒くて頭が回らず、写真が1枚もないのが残念ですが…でも久々のDIYはとてもおもしろかったです。

 

【スポンサーリンク】

DIYはおもしろい

そういえば、昔からDIYするのが好きだったんですよね。

小さい頃から家の中にあるもので何か作るのが大好きで、作っては家族に自慢していた記憶があります。

小学校時代にやった図工や、中学時代にやった電気工作なんかはもうノリノリでやってましたしね。

それがいつの間にかエクセルで資料を作るとか、かんたんなマクロを組むとか、HTML+CSSをいじるとか、そんな方に変化していったのは時代の流れにしっかり乗っていたのかなぁ…とか思いますが、やっぱり根本にある「なにかを作る・作り出す・直す」という部分は、いつまで経っても変わらずおもしろいですね。

ぜひ古民家再生とか、ゼロから家を作るとか、やってみたいなぁ。そのために高知に行きたいなぁ。

家を自分で作ってみたい。

2015.12.20

来年はぜひそういう生活を手に入れたいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。