サラリーマンは運動不足過ぎ。マジで運動するべき3つの深刻な理由。

【スポンサーリンク】

サラリーマンは運動不足過ぎ。

サラリーマンのみなさん、運動してますか?

「運動が趣味」という人は休みの日にランニングしたりジムへ通ったりしているかと思いますが、ほとんどの人がゆっくり休んでいるか、家族サービスなどで忙しいのではないでしょうか。

ぼく自身を振り返ってみると、サラリーマン時代は特に運動することもなく、完全オフの日はほとんど寝て過ごしていました。近所のスーパーに買い物に行くくらいが関の山で、あとはずっと家にいて映画を見たりなんだかんだとやっていました。

会社員を辞めて「身体を鍛えよう」と思ってやり始めたいまだからわかりますが、身体を鍛えることをもっと真剣にやるべきだと感じています。同時に、日本のサラリーマンの運動不足は深刻だな…と感じました。

それが深刻な事態につながるかもしれないのに…です。

 

【スポンサーリンク】

マジで運動するべき3つの深刻な理由。

ぼくがもっと早くからしっかり運動するべきだったと感じた理由は3つあります。

  • 長い人生を健康なまま過ごすには強靭な身体が必要。
  • 運動してリフレッシュしないと精神的にヤバい。
  • いまから身体を動かしていないと定年退職後に満足に動けなくなる。

 

長い人生を健康なまま過ごすには強靭な体が必要。

医療技術が進歩したおかげで、ぼくらは長生きできるようになりました。

「人生50年」と言っていたのははるか昔の話です。

最近では「健康寿命」がよく話題に上がっていますが、寿命自体は伸びて長生きできるのに健康寿命がずいぶん早くに訪れてしまうので、ざっくり言ってしまえそれ以降の不自由な時間が寿命近くまで続くことになります。

一概には言えませんが、そうならないためにはやはり強靭な身体が必要です。仮に強靭な身体でも病気にかかることはありますし、その他の要因で亡くなるケースも考えられます。でも「身体が資本」なのはどこまで行っても変わりませんよね。

 

運動してリフレッシュしないと精神的にヤバい。

毎日満員電車でもみくちゃにされながら会社へたどり着き、残業付き長時間労働をあたりまえのようにこなし、無責任な上司の発言に振り回されて、付き合いの飲み会に参加して、夜遅くに満員電車で帰ってくる生活を続けていたら、おかしくなる人が増えても仕方ないですよね。

自分で選んだ仕事とはいえ、そういうスレスレの生活は精神をすり減らしてしまいます。

ぜんぜん問題ない!耐えられる!と思っているときはまだいいんですよ。でもそれはいつまで持つかわかりません。誰だってキャパシティと言うものがあるので、どこかでプツッと糸が切れたら最後です。そこから復帰するのは相当大変です。

そうならないためには、ヤバいと思った時点で会社を辞めるのが理想ではありますが、せめて自分なりに思いっきり発散できる方法を見つけるべきです。

そういうときこそ運動ですよ!運動するとものすごくリフレッシュできます。平日に煮詰まってしまったアタマと身体を解放するために、おもいっきり動いて発散して、また健康的に仕事に取り組むようにすべきですね。

 

いまから身体を動かしていないと定年退職後に満足に動けなくなる。

人間は残念ながら歳を取っていきます。

若い頃はなんとも思っていなかったことでも、歳を重ねたときには思うようにできないことが増えていきます。致し方ないことではありますが、現実ですよね。

でも、これはある程度回避できるはずです。若い頃からしっかり運動して身体を動かしていれば、歳を取ってから急に動けなくなる…なんていう自体は避けられるはずです。

実際、高齢な方でもマラソンや運動を楽しんでいる方はいらっしゃいますし、83歳で人生3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんの例もあります。そういう方々が若々しく活発に活動されている姿はほんとうに輝いています。

彼らが特別とか次元が違うのではなくて、しっかり健康管理しながらトレーニングをしていたり、定期的に運動をしているからこそできるんですよ。

つまり、彼らのように誰だってなれるはずなんです。

 

【スポンサーリンク】

健康でいたかったらマジで運動せよ。

健康はお金で買えません。

サプリや治療薬や病院にはお金をかけられますが、根本的な「健康」だけはどうやっても買えないんですよね。あなたが自分で気遣って・作って・積み上げていくより他に方法がありません。それくらい貴重なものなんですよ。

いまからでも遅くはありませんし、早ければ早いほどいいと思いますが、もし少しでも長く健康でいたかったらすぐにでも生活のサイクルの中に運動を取り入れるべきです。その努力はいますぐには目に見えないかもしれませんが、長い目で見たときに、遠い未来にある人生の道をより太く広くしてくれるはずですよ。

なにもぼくみたいにハードなトレーニングをする必要はありませんが、短時間でより効果的な運動をしたかったら専門家に指導してもらったほうが確実だとぼくは考えています。お世話になっているスタジオWeBAではぼくが求めている条件をすべて満たしているので、とても満足していますよ!

というわけで、ぜひ土日や大型連休などを使って、積極的に運動しましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。