ブログを続けるのは難しい?リサーチデータからブログ運営について考える。

【スポンサーリンク】

ブログを毎日書いていると、頻繁にこう聞かれたり言われたりします。

  • 「書くのって大変じゃない?」
  • 「よくあれだけ書けるね」
  • 「それも才能だよ」

いやいやいや!大変じゃないし、才能はありません。とにかくひたすら書いているだけです。

ぼくからするとブログは楽しいものなので、1ミリも苦しむことなく続けられているんです。

ブログは「唯一自分だけのメディア」です。そこで記事を書いたりメンテナンスするのは楽しくて仕方ありません。

だたし、ぼくと同じようにやる必要はまったくありません。10人いれば10人ともやり方が違ってあたりまえです。でも、これだけははっきりと言えます。

「ブログを続けるのは難しくない」と。

 

リサーチデータから見る「ブログを続けるのは難しい?」

ブログを続けている人というのは大変少ないんだそうです。

ライフメディア・リサーチバンクによる調査記事を見ると、それがよくわかります。2013年のデータなので古いですが、10代〜60代の全国男女6,566名を対象にリサーチした結果になっています。

 

ブログの開設期間はどれくらい?

回答者の中で、ブログをいまも更新している847人に対して「ブログの開設期間は?」と質問した結果がこちらです。全体で見ると3〜5年が多いですね。

(引用:ブログに関する調査。ブログをやめた理由、53%が「更新が面倒になったから」|リサーチバンク by ライフメディアより抜粋)

 

ブログの1日の平均アクセス数はどれくらい?

同じ847人に「ブログの1日の平均アクセス数は?」と質問した結果がこちらです。そうか、ぼくは3.3%の中にいるのか…。

(引用:ブログに関する調査。ブログをやめた理由、53%が「更新が面倒になったから」|リサーチバンク by ライフメディアより抜粋)

 

調査結果まとめを読むと、多くのブロガーのブログに対する感覚が見えてきた。

調査結果のまとめとして、こう書かれています。

  • 10代から60代の全国男女に対し、ブログへの登録の有無を尋ねたところ、「登録をしていて、投稿・更新をしている」人は13%程度。「登録をしているが、投稿・更新していない」「過去に登録していたが、やめた」というブログ休止者は14%いた。
  • 現在ブログを利用している人に対し、どのくらいブログを利用しているのか尋ねたところ、3年~5年未満がもっとも多く21%。やや男性の方が、継続している年数が多い。
  • 現在ブログを利用している人に対し、ブログへの1日の平均アクセス数を尋ねたところ、78%が「50アクセス未満」と回答。アクセスが101以上ある人は、13%程度という結果だった。
  • ブログの更新頻度を尋ねたところ、週に複数回更新をする人が24%と最も多い。アクセス数別でみると、アクセス数が101以上の人は46%がほぼ毎日更新をしている。
  • ブログを書く目的を尋ねたところ、「自分の日記、備忘録として」が68%でもっとも多かった。アクセス数が101以上の人は、「日記、備忘録として(64%)」と続き、「発信する情報を通して、他人の役に立ちたい(50%)」と回答する人が目立っている。
  • ブログを更新するデバイスは、90%が「パソコン」と回答。やや女性の方が、スマートフォンや携帯電話などモバイルツールを利用している率が高い。
  • ブログを登録したが更新しなくなった、ブログを止めた人に対し、ブログを更新しなくなった理由、やめた理由を尋ねたところ、「更新が面倒になったから」が53%で最も多く、「他のことに忙しくなったから(32%)」「飽きたから(28%)」と続いた。

(引用:ブログに関する調査。ブログをやめた理由、53%が「更新が面倒になったから」|リサーチバンク by ライフメディア(2013年3月19日更新)より抜粋)

これは大変貴重なデータですね。

せっかく書き始めたのに多くの人がやめていって、その理由として「更新が面倒」と思った人が多いということがよくわかりました。

まぁ「日記」では続かないですよね。だって、日記ってわざわざ公開しなくていいものですよね。芸能人でもない限り、他人の日記なんておもしろくもなんともないから、そりゃあアクセスが増えないから続かないよな…。

逆に、アクセスが多い人はほぼ毎日更新している人というデータが示されています。それも日記・忘備録としてだけでなく、自分の発信する情報で他人の役に立ちたいと思っている人が半数以上いるという結果になっています。

ヒットしているブログの根本にあるものがなんなのか、これでよくわかりましたね。

 

【スポンサーリンク】

ブログを続けるコツは「目的を持つ」「発信する」「途切れず続ける」だけだ。

せっかくはじめたブログを途中でやめてしまう人って、きっとこんなところが欠けていると思うんですよね。

  • ブログに目的がない
  • 毎日書く気がない
  • 日記しか書いていない

ブログは目的がないと続けにくいですよね。例えばぼくだったら「書くのが好き」から始まって、「ブログが好き」「ブログが楽しい」「ブログで稼ぎたい」になっています。理由はなんでもいいのですが、明確な目的がないと続けにくいことは確かです。

その目的が「他人の役に立ちたい」というものであれば、さらにブログ向きの思考であるといえます。誰でもググる必要があるとき、その根本にある思いは「わからない・困っていることを解決したい」のはずだからです。

また、ブログをはじめた当初は「ブログを書く」という習慣がないので、よっぽどその気がない限り続かないでしょう。時々書くだけでは習慣にはなりません。

さらに言うと、「日記」では続きません。先ほどのデータが示していたとおり、個人の思いを書く「日記」は本来公開しなくても良いものなので、それを書くだけでは続かないです。有名人・芸能人でもない限り「日記」は読まれないと認識しておくべきです。

 

【スポンサーリンク】

ブログを続けるのは難しくない。ちゃんと「発信」できればね。

データを拝見して、こんなにも多くの人がブログを立ち上げ、そして僅かな間にやめていっている事実にただただおどろきました。

でも、データを見ればわかります。やっぱり「ブログを続けるのは難しくない」ですね。

ブロガーはみんな「発信」することを真剣に考えています。ぼくが尊敬するブロガー・プロブロガーのみなさんがそうですし、もちろんぼくもそうです。しかも発信だけでなく、その周辺知識も貪欲に学んでいる人が多いです。だからブロガーはどなたも勢いがあるように見えるし、実際に勢いがあるんですよ。

勢いはともかくとして、これからブログをやりたいと思っている人や、アクセスが伸び悩んでいる人は、「発信」することを考えてみませんか?

どんな風に書かれていたら読みたいか?どんな感じだったら読みやすいか?そんなことの積み重ねが、いずれ大きなブログを作っていくとぼくは考えています。

1ヶ月間、毎日たくさん書いて4記事以上公開を続けてみた結果。

2017.02.03