ブログは経験を文字変換・発信するツール。熱く語りたいことがある人はぜひ書こう!

【スポンサーリンク】

なんでブログ書いてるんですか?にマジレスする。

ブログを書いていると、よくこう聞かれます。

  • なんでブログ書いてるんですか?
  • なにが楽しいんですか?
  • ヒマなんですか?

なんでブログを書いているかと言えば「書きたいから書いている」わけですし、楽しいから続けているんですよ。当然ヒマではありません。

書いたことがない人からすればわからないかもしれませんが、ブログ運営を続けている人からすれば、この感覚はご理解頂けるはずです。

 

【スポンサーリンク】

ブログは「自分の経験を文字変換して発信するツール」

じゃあなにがいったいそこまで楽しいのか?という話ですが、ぼくはこう考えています。

  • 自分の経験を文字変換して発信できる
  • 自分だけのメディア編集長になれる

 

自分の経験を文字変換して発信できる

自分の経験したこと・見たもの・やったことなどをブログに書き出すことで、考え方や思いなどを発信することができます。

自分が経験しただけだったら、自分の中で留まって終わりです。

でも発信すれば、それが誰かの参考になったり、助けになったりするかもしれません。

実際に読んでくださった方から、そういう声を聞くことがありますので、なにかの役には立っていると言えそうです。

 

自分だけのメディア編集長になれる

ブログは立ち上げた本人がすべて管理していきます。

外部ライターを招いて記事を書いてもらったりするケースもありますが、基本的に記事もすべて自分オリジナルのものです。

そうやって作っていくブログは、これ自体がひとつの大きなメディアです。新聞ではない、テレビでもない、文字+写真で個人が発信できるので、誰でも始めることができます。個人メディアを自らプロデュースできるのですから、ものすごくおもしろいんですよね。

しかも、100人いれば100人ともまったく違うブログを作れるんですよ。

そのひとつが「自分のブログ」です。あなたのブログはぼくには作ることができませんし、反対にあなたにはぼくのブログは作れません。

どうやっても2つと同じブログが存在しないから、どこまで行ってもおもしろいんですよ。

 

【スポンサーリンク】

経験したことを熱く語りたい人はぜひ書こう!

ブログは熱く語りたいことがある人にはピッタリなツールです。

自分の経験してきたことを書いて発信できるので、居酒屋で酔っ払いながら熱く語るよりも正確で、友だちに話すよりも確実で、狭いコミュニティに話すよりも広範囲に情報を発信できるんですよ。

これほど使用メリットが高いツールは、他にはないのではないでしょうか。

ぼくがハマっているのはまさにここで、発信することで誰かの役に立てるんですよ。

自分が便利だと思ったもの、やってみてよかったこと、もっとこういうふうにすればよかったことなど、どれもすべて貴重な経験をそのままにせず、活かすことができるんです。こんないいこと、ないですよね。

というわけで、ブログを始めてみたいと思っている方や、はじめては見たもののなにしていいかわからないという方は、ぜひ自分の経験を発信してみましょう!