「ブログ記事がたくさん書けるってスゴいですね」→ぼく「だって書くことたくさんあるじゃない」

【スポンサーリンク】

「ブログ記事がたくさん書けるってスゴいですね」と言われますが…

ぼくは昨年11月末から、とにかく記事数をたくさん書こう!と決めて、ずっとやり続けています。

おかげさまで、以前よりはずいぶん書けるようになってきたな…という、なんとなんくの手応えがあります。

もちろん、ぜんぜんまだまだなので、もっとやらなければダメだな…と思ってはいますが、それでもとにかく書く!の精神でやってます。

で、毎日たくさん書いては公開していると、「 よくそんなにたくさん書けますね 」と言われます。

え…だって書くことなんてたくさんあるじゃない!

 

【スポンサーリンク】

書くことたくさんあるじゃない!

書くテーマはたくさんある!

ぼくからするととっても不思議なんですが、書くテーマなんてたくさんあるじゃないですか。それも、腐るほどたくさんあるんですよ。それをどう書くかだけの問題です。

毎日生活していれば、どんなに変化がない人でも、少なからず変化はしているはずです。

  • いつも乗る通勤電車が空いていた
  • 毎朝駅で見かける人が今日はいなかった
  • コンビニにお昼を買いに行ったけれど棚がすっからかんだった
  • 飲み会に参加したけれどあまり酔わなかった
  • 今朝の朝食はご飯じゃなくてパンだった
  • 夕飯を断って部屋に引きこもった

なんでもいいのですが、このわずかな変化が記事になるかどうかを考えてやっているだけです。さすがにそのまま記事にはできそうにないので、「記事にするにはあとなにがあればいいのか」を考えて、それを書き出していきます。

もちろん、それが「 自分が書きたいテーマ 」であることも大事です。

 

例えばこんな感じです。

例えば「 コンビニにお昼を買いに行ったけれど棚がすっからかんだった 」を記事にしようと思ったら、こんな具合です。

  • 何が売れているのか
  • どんな人が来ているのか・買っているのか
  • 近くに他のコンビニはないのか
  • なんでみんなここで買っているのか

ちょっと調べる必要はありますが、そんなに徹底してリサーチしなくても「こんな感じっぽい」という自分の感想付きの記事はかけますし、もちろん徹底リサーチしたらものすごい記事が出来上がりますよね。

それを常にやっているだけです。それも、そんなに深く考えずにやっているので、なにも難しいことはやっていないんですよ。なにより、自分が感じたことを書くのがいちばんですからね。

 

【スポンサーリンク】

「文章を書く」を知りたかったら読んでおこう!

これからブログを書く、執筆する、ライターとして活動する、という人がいたらぜひ読んでほしいのが以下の3冊です。

どれも読みやすくて、大変参考になることが書かれています。ぼくも繰り返し読んでいるのですが、3冊すべてが名著なので、毎回勉強になっています。

書店でも売っていますが、kindleで読めるので、お手元のスマホにダウンロードしてサクッと読むのがオススメです。