好きなこと・興味あることだけをとことんやる人が強い理由。

【スポンサーリンク】

ここ最近、ガンガン調べものをしています。

ここ最近、調べものをすることが増えています。

やっていることは全部自分のためなのですが、これがとても楽しくてしかたないんです。

  • Raspberry Piの組み立て方・設定・活用方法
  • 机をDIYするための採寸・設計図作成
  • 自宅でできるオフグリッドを検討・実験
  • Chromebookをより活用するための情報収集と実践
  • FinTechの勉強・実践
  • 友人とひたすらモンハンをやる(久々すぎてほぼゼロからの挑戦)

どうも知識欲+行動力が爆発していて、どんどんやりたくて仕方ないんですよね。

それも、ほぼ思いつき+直感で選んだものばかりです。

でも、そのほうがなんの制約もなしに動けて、めちゃくちゃ楽しいですよ!

 

【スポンサーリンク】

好きなこと・興味あることだけをとことんやる人が強い理由。

好きなことや興味のあることにハマると、ひたすらやり続けられますよね。

そうやって調べていくうちに、さらに欲が出てきて、もっと追求したくなってしまいます。

  • こんなふうにはできないのか
  • もっとよくすることは可能なのか
  • こっちではできないのか
  • こういう使い方はあるのか

そうやってどんどんハマれるものって、きっと自分がものすごく好きなこと・興味のあることです。

なんとなくやっている詳しい人よりも、好き・興味津々でやっている素人のほうが、実はとても強かったりしますよね。それってつまり、心のなかにある原動力の強さが違うからだと思っています。

好き・興味津々な人が強い理由は、とにかく知りたい・作りたい一心でやっているから伸びがハンパないし、興味本位でやっているから学ぶ量も大きいし、とことんやってしまうので、ヘタな専門家よりも熱量が多くなりますよね。

だから、それがどんなに小さなことでも、自分がハマったならとことんやり込む・作り込むことが、意外と仕事になったりお金になったりするものだと、ぼくは考えています。

そして、そういうところに特化していくことが、他人との差別化につながって、個性的な個人が出来上がっていくのではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

「Raspberry Pi」への挑戦は思いつき以外のなにものでもないけど、めちゃくちゃ燃えてます!

ぼくはつい最近、自作できるIoT用小型コンピューター「Raspberry Pi」のことを一気に調べました

ぼくはエンジニアリング経験もなければ、職業プログラマとしての経験も持ち合わせていません。

プログラミングに関しては、幼少期〜学生時代に結構ハマってやっていましたが、それ以降はHTML+CSSを独学で学んだくらいのレベルです。正直すっかり忘れています。

そんなぼくが果たして小型コンピューターを組み立てて、それを動かすことができるのか?と考えると、めちゃくちゃワクワクします。

Raspberry Piは以前から存在を知っていましたが、いまごろになって「これは結構な未来なのではないか!?」と気がついてしまったので、急ピッチで調べたというのが経緯です。

記事執筆そっちのけで調べまくった結果、Raspberry Piがどんなもので、どう使うのかがわかって、必要な材料や予算をまとめるまで進めました。おかげでこれから挑戦するにあたって、基礎知識的なものは頭に入っているから、経験ゼロでもなんとかなりそうです。

 

あれこれ考えるな。考える前に動け!

人生の中でなににハマるのかなんて、そのときになってみないとわかりません。

もしタイミングが来てハマったときに全力で乗れたら、ものすごいものができあがるはずです。

そのタイミングをつかめるかどうかはあなた次第です。

時間がないとか、忙しくてやれないとか、余力がないとか、そんなことはどうでもいいんですよ。動かない人のところにはなんにも来ないのは、もうみんなわかっていますよね。やりたいならやればいいんだから、あれこれ考える前に動きなさい!っていう話です。

思ってばかり・考えてばかりいないで、まずはやってみませんか?

すべての話はそれからですよ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。