コンセント付きモバイルバッテリー・Anker PowerCore Fusion 5000が便利すぎて手放せない

見かけた瞬間に爆速でポチりました。

「コンセント付きモバイルバッテリー」は持ち物の数を減らしたい人やミニマリストにとって理想的な製品です!

【スポンサーリンク】

バッテリー容量・サイズ・コンセントプラグの配置が絶妙!

この製品は、正しくは「モバイルバッテリー搭載USB急速充電器」です。

2つの機能が1つのデバイスに収まっています。

  • コンセントに挿してUSB急速充電器として使える
  • モバイルバッテリーとして使える

コンセントプラグは普段は折りたたむことができて、プラグの先がボディよりわずかに飛び出して収納されます。

この飛び出し具合が絶妙で、苦労することなくプラグを出すことができます。

プラグを倒したところ。このままコンセントへ挿し込めます。

モバイルバッテリーとしては、5000mAhのバッテリーを搭載しています。

これはiPhone8なら約2回半、iPhone8 Plusだったらギリギリ2回までは充電できない感じの容量です。

本体は軽くコンパクトで、手の小さな方でもしっかり片手で持てます。

持ち運ぶときもかさばらないし、バッグが重くなることもありません。

 

1台2役なので持ち物を減らせる!

この製品があれば、外出時の持ち物を減らせます。

バッグの中に入れるものが1つでも減ったほうがうれしいですし、それがかさばること無くより軽ければさらにうれしいですよね。

このコンセプトは、ミニマリスト的にはツボな製品ではないでしょうか。

では実際に購入する前と後でどう変化するのかを、ぼく自身が実際に変わった点についてかんたんにまとめてみます。

 

「Anker PowerCore Fusion 5000」購入前

あなたがこれから旅行に行くと考えてください。

そうすると、持ち物の中にこういうものが入っていませんか?

  1. スマホ
  2. 充電器
  3. スマホ用充電ケーブル
  4. モバイルバッテリー
  5. モバイルバッテリー用充電ケーブル

【4】は人によっては持たない人もいるかもしれませんが、移動中にゲームをやったり音楽を聴いていたらすぐにスマホのバッテリーが無くなってしまうので、ひとり1個くらいは持っているのではないでしょうか。

【5】は、ちょっとしたおでかけなら持ち運びませんが、旅行など長期外出の途中でモバイルバッテリーを使い切ってしまったら充電が必要になりますので、そのためのケーブルです。

【3】と【5】を1本のケーブルで使えるような製品も存在していますが、デバイス同士を近づけないと使えないので、2in1タイプのケーブルはあまりおすすめしません。

ぼくはリールタイプの2in1ケーブルを持っていますが、こちらでは2台同時充電はできません。

スマホ用とバッテリー用の充電ケーブルがそれぞれ必要になるので、【1】〜【5】をすべてつないで実際に充電するとこんな感じになります。

や、野暮ったい…。

 

「Anker PowerCore Fusion 5000」購入後

同じシチュエーションで、もしあなたが「Anker PowerCore Fusion 5000」を購入して持っていたら、こう変化することになります。

  1. スマホ
  2. Anker PowerCore Fusion 5000(充電器+モバイルバッテリー)
  3. スマホ用充電ケーブル

【2】が1台2役を担ってくれるので、持っていくものが2つ減ります。

モバイルバッテリー自身をコンセントに直挿しすればそのまま充電できるので、モバイルバッテリー用充電ケーブルが不要になります。

つまり、こんな感じになります。

なんてスッキリ!

こちらをコンセントに挿した場合、この製品の先につなげたスマホ・タブレットから充電が開始されて、その後バッテリーが充電されます。

スマホを先に充電してくれる点がうれしいですね!

【スポンサーリンク】

持ち物が減らせる点が熱い!1台持っておくと便利!

ぼくが考える「モノを買うときの基準」が3つあります。

  • いま以上に便利になる
  • いま持っているものを集約して減らせる
  • いま持っているものよりも圧倒的に性能(機能・サイズ・重量など)がいい

いくら新製品がいいとはいえ、いま手元で使っている製品と同じ程度のものであれば、わざわざ買い換える必要はありません。

でも、これをひとつ買っただけで、いまよりも優れた価値をぼく自身にもたらしてくれるのであれば、それは確実に「買い」です。

「Anker PowerCore Fusion 5000」は2つの機能を集約して減らせる=所有者に新しい価値を提供してくれるので、この製品は「買い」ではないでしょうか。

購入から1年使っていますが、外出時は必ずバックに入れて、ずっと持ち歩いて使っています。

これよりもバッテリー容量が大きくて同じくらいの価格で売っている製品はありますが、コンセントプラグ付き製品はないので、もしこれが壊れたら次もこれを買います。

 

[スポンサーリンク]

あわせて読みたい