Amazonプライム会員のメリット・30日体験の登録方法まとめ。学生・一人暮らし・家族はぜひ加入しよう!

【スポンサーリンク】

ぼくはAmazonプライム・ヘビーユーザーです

もう何度も語っているのでなんですが、ぼくはAmazonプライムのヘビーユーザーです。

会員になっている方はみなさんそうなのかもしれませんが、ぼく自身が「これほどまで使うのか!?」というくらい毎日何かのサービスを利用しています。

もはやこれがなければ困るレベルです。

「そんなに使いまくるなんて、一体なにしてるんだよ?」と言われそうですが、これほど生活に密着したサービスは他にありませんので、代えが効かないんですよね。

そんなヘビーユーザーのぼくが、いまいちどAmazonプライムのメリットを解説してみます。

 

【スポンサーリンク】

Amazonプライム会員のメリット。

Amazonプライム会員のメリットや、そもそもどんなもの?という疑問に対して丁寧に解説してみます。ぜひ順を追ってお読みください!

 

「Amazonプライム」「プライム会員」ってなに?

Amazonプライム」はインターネット通販大手企業・Amazonの有料会員サービスの総称です。

Amazonプライム」の会員になっているから「プライム会員」ですね。

どちらでも呼ばれますが、どちらも同じことを指しています。

 

会員にならないと買い物できないの?

いいえ、会員にならなくても買い物はできます。

ただし、送料がかかったり、配送日時が指定できなかったり、当日配送などが使えなかったりします。

会員になるとこれらのサービスがすべて受けられます。

 

会員になると何かおトクなことはあるの?

はい、もちろんあります。

といいますか、たくさんあってビックリします。

Amazonプライムに加入すると、以下の特典が追加料金無しですべて使えるようになります。

  1. Amazonで買い物したときの送料が無料、対象商品なら「お急ぎ便」「当日お届け便」も無料で使える
  2. 最短1時間で届く「Prime now」が使える
  3. 食品・日用品などの低価格商品を1個から配送料290円で購入できる「Amazonパントリー」が使える
  4. 定期購入サービス「Amazon定期おトク便」の「おまとめ割引」が使える
  5. 会員限定の先行タイムセールに参加できる
  6. 国内・海外の映画・テレビ番組・アニメなどが見放題プライム・ビデオ
  7. 100万曲以上の音楽が聴き放題Prime Music
  8. 写真が容量無制限で保存し放題(プライム・フォト
  9. Kindle端末を所有すると月に1冊Kindle書籍が無料で読めるKindleオーナーライブラリ

これだけのサービスが使えるので、大変おトクです。

ちなみにぼくは1・6・7・9を頻繁に使っています。

 

ところで、会員には何種類かあったりするの?

はい、あります。

以下3種類があります。

学生向け・家族向けはどちらも個人向けと同じサービスを使えるのですが、それに加えて以下のサービスを受けることができます。

 

Amazon Student

  • 無料体験期間が6ヶ月間ある(個人向けは1ヶ月)
  • 会費が年間1,900円/月額159円(個人向けの半額!)
  • Amazonが販売する書籍を購入すると+10%のAmazonポイントが加算

 

Amazonファミリー

  • 加入すると3,900円分のポイントがもらえる(実質1年無料)
  • おむつとおしりふきが「Amazon定期おトク便」を利用して購入すると15%OFF

それぞれのステップに合わせたサービスが用意されているところが、さすが大手企業だなぁと感心してしまいます。

ちなみに、個人向け「Amazonプライム」にもちょっとした特典があって、自分以外の同居家族2名までを「家族会員」とすることができます。招待する同居家族が「Amazonプライム」に加入していないことが条件になりますが、1加入で3人まで使えるようになるので、こちらもうまく活用するといいでしょう。

 

これだけ色々できたらやっぱり会費って高いんでしょ?

いいえ、決して高くありません。

以下、表にまとめてみました。

年会費 月額換算
Amazonプライム 3,900円 325円
Amazon Student 1,900円 159円
Amazonファミリー 3,900円 325円

個人向け「Amazonプライム」は年間たったの3,900円です。月額にすると325円です。これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、正直安いとぼくは思っています。

3,900円は飲み会1回分くらいの金額です。たったそれだけで1年間使える多彩なサービスが受けられるなんて、はっきりいっておトクでしょう。

学生向け「Amazon Student」はさらに安くて、「Amazonプライム」の半額です。しかも、課金開始前に6ヶ月間の無料体験付きです。こんなに条件がよくてサービスがハンパないので、学生はこれを使わない手はないでしょう…といいますか、自分が学生のときに使いたかったですよこれ。

 

はいじゃあ加入しましょう!と言われても、サービスを受けてみないとわからないから不安…。

はい、おっしゃるとおりです。

そういう方のために「無料体験」がありますので、これを活用してまずは体験することをオススメします。

無料体験期間は、個人向け「Amazonプライム」では30日間、学生向け「Amazon Student」はなんと6ヶ月間もあります。

無料体験期間を過ぎると自動的に有料会員になりますので、継続する予定がない方は十分注意してキャンセルしておきましょう。

また、無料体験期間の途中で有料会員になることもできますが、せっかくなので無料体験期間を使い切るタイミングを見計らって加入することをオススメします。

 

【スポンサーリンク】

Amazonプライム無料体験の登録方法。

Amazonプライム」は、最初は自動的に30日間無料体験に登録されます。

この期間に試してみて、良いなと思ったらそのままにしておけば本登録になって、以降は有料会員になります。

もし違うな…と思ったら、30日以内に「自動更新」をOFFにすれば解約となります。

 

無料体験への登録方法。

登録はかんたんです。まずはAmazon.co.jpにアクセスして、右上にある「今すぐ登録プライム」と書かれたところをクリックします。

Amazonプライムの説明画面が出てくるので、「30日間の無料体験を試す」をクリックします。

サインイン画面が出てきますので、下部にある「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

ここで名前やメールアドレス・パスワードを登録します。

あとは流れに沿って登録を進めて行けば、晴れて無料体験の利用が始まります!

 

無料体験の解除方法。

無料体験の解除方法は、Amazonプライムの管理画面から手続きできます。

詳しい手続方法はAmazonのヘルプに書かれていますが、流れだけをまとめると以下のようになります。

  1. 「Amazonプライム会員情報を変更する」にアクセス
  2. 「会員資格を終了する」をクリック
  3. 「すぐに終了する」または「20XX/○○/□□に終了する」をクリック

「Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける」|Amazonヘルプ&カスタマーサービスを確認する

 

はっきり言おう。Amazonプライムを「使わない」という選択肢は無いと。

こうしてまとめてみて改めて思いましたが、Amazonのサービスの良さは際立っていますね。

こんなにたくさんサービスがあるのに、これを使わないというのは大変もったいないです。

ひとつ懸念されるとすれば、今後値上げがあり得るのかな…という点くらいでしょう。正直、致し方ないと思うんですけどね…それが狙いだったりして。

ぼく自身、年々Amazon依存度が高くなっているのがコワいのですが、でもこんなサービスは他にないし便利なので使わない理由がないんですよ。

今後も使い続けますし、とりあえず2017年も間違いなく使うでしょう。

というわけで、Amazonプライム・ヘビーユーザーのぼくからは以上です!

Amazonプライム