テレビでAmazonプライムビデオを見るデバイス「Fire TV Stick」がリニューアル!これは買いだ。

【スポンサーリンク】

Fire TV Stickがリニューアル!

Amazonプライム会員向けにサービスのひとつで、映画・ドラマ配信サービス「Amazonプライムビデオ」を自宅のテレビで見るためのツール「Fire TV Stick」がリニューアルしました。

第1世代のStickよりもパワフルに、機能的になっています。これは「買い」ですね。

 

【スポンサーリンク】

Fire TV Stickってなにするもの?

テレビに挿してAmazonプライムビデオを見るためのデバイスです。

Fire TV Stick」は、テレビに挿して使うデバイスです。

(引用:Amazon「Fire TV Stick」販売ページより)

これをテレビに挿すことで、Amazonがプライム会員向けにサービスしている「プライムビデオ」をテレビで見られるようになります。

大好きな映画やドラマをスマホ・タブレット・PCなどの比較的小型な画面で見るよりも、テレビなどの大画面で見たほうがより迫力がありますよね。

 

かんたんに使えて、フルHDの高画質・7.1chサラウンドで見られる!

Fire TV Stick」は、超小型の本体をテレビのHDMIポートに挿して、コンセントにつないで、Wi-Fiに接続することで使うことができるようになります。とてもかんたんに使い始めることができます。

(引用:Amazon「Fire TV Stick」販売ページより)

これを使うと、「プライムビデオ」にアップされているすべての映画・ドラマをテレビでフルHD画質(フルハイビジョン・1080p)で見ることができるようになります。

また、音声は7.1chドルビーサラウンドに対応しているので、まるで映画館にいるかのような迫力あるサウンドを楽しむことができます。

 

小型なので持ち運べる!

Fire TV Stick」はとても小さなデバイスです。

どれくらい小さいかというと、これくらいです。

USBメモリよりは少し大きいですが、それでも十分小さなサイズです。

これだけ小さいので、持ち運びもかんたんです。つまり、自宅だけでなく、例えば出張先のホテルのテレビに挿して使ったり、友人宅に持っていってみんなで映画を見たりすることができます。

 

プライムビデオだけじゃない。豊富なコンテンツが見られる!

Amazonが作った「Fire TV Stick」ですが、なにもAmazonプライムビデオ専用機というわけではありません。

多数ある動画配信サービスを見ることができます。一例を挙げると、こんな感じです。

また、音楽配信サービス「Amazon Prime Music」も楽しむことができますので、これ1台で多くのコンテンツを見る・聴く・楽しむことができます。

 

【スポンサーリンク】

音声認識リモコンが標準でついてくる!

新しい「Fire TV Stick」には、音声認識リモコンが同梱されています。

第1世代では別売りとなっていましたが、今回の新しい「Fire TV Stick」では標準で付いてきます。別売りだったものが標準で同梱となったので「実質値下げ」です。それも踏まえて考えると、ここが特に「買い」なポイントです!

リモコンにキーワードを話しかけると、それに沿った内容の映画・ドラマを探してきてくれます。キーボードから文字入力するよりもはるかに手軽で、サクサクと検索していくことができます。

第1世代機でも専用スマホアプリでは対応していましたが、アプリを使うことなくリモコンでできるなんて間違いなく手軽でしょう!

 

結論:速攻で予約すべし!

結論です。

新しい「Fire TV Stick」はまちがいなく「買い」なので、速攻で予約しましょう!

発売は2017年4月6日と少し先ですが、第1世代のときと同じように発売前から人気が出過ぎて欠品なんていうことが考えられますので、買いたい人は早めに予約するのが賢明ですね。

これひとつ持っていれば、毎日の幸せ具合がちょっと上がること間違いナシなので、この機会にぜひ手に入れておきましょう!

こちらはプライム会員向けのデバイスなので、まだプライム会員になっていない人は、この機会に30日間の無料お試しを使ってみて、プライムビデオや各サービスの良さを体験しておくのもいいですね。

Amazonプライム会員を30日間無料体験する

Amazonプライム会員のメリット・30日体験の登録方法まとめ。学生・一人暮らし・家族はぜひ加入しよう!

2017.04.11

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。