37歳になりました。ぼくの人生はここからがほんとうのスタートです。

【スポンサーリンク】

37歳になりました。

本日、めでたく37歳の誕生日を迎えました。

思えばずいぶん遠くまできたものです。

なんといっても、37年間も生きてこれたのですから。

その間、特に大きな病気もせず、病んだりヘタれたりすることもなく、しっかり生き抜いてこれたわけですし。

ここまでは、ほんとうに運が良かったです。めっちゃラッキー!

でも、ぼくにとってはここからが本番なんですよね。

 

【スポンサーリンク】

ぼくの人生はここからがほんとうのスタートです。

いままでの36年間は、ずっとレールの上を走っていました。

大学を卒業して会社に就職して、転職も経験して、さらには退職も経験できたので、おかげでいろんなことを学んでこれました。

でも、それらはすべてレールの上にあったものです。ぼく個人の考え・興味は最初からそこにはなくて、レールから外れた外の世界にしかありませんでした。そう思っているのにもかかわらず、残念ながらレール外の世界で生きられるツールや手段を知らなかったんですよね。そのおかげで、ずいぶん遠回りしてしまいました。

でも、いまは違います。

ぼくが目指したいところへ向かって進むためのツールや手段を知っています。まだうまくはないけれど、やり方・進め方も知っています。ぼく自身の意思でそこに向かうための歩き方ができるようになったので、多少見切り発車なところはありましたが、おかげさまでレールからはずれて歩くことができるようになりました。

36年目にしてそういう生き方を選べたのは、ぼくにとってはものすごく大きな変化です。望んだ結果なので大歓迎ですし、その道で生きていく覚悟をしているので、1ミリの迷いもありません。むしろ、もっとガンガン攻めていきたいんです。

「やりたいことだけをやる」と心に決めたので、もう他のことは一切しませんよ。

 

【スポンサーリンク】

37歳のぼくは、「書く」をベースに暮らし・ナリワイづくりをしながら、がっつり稼ぎます。

新しい歳を迎えたぼくがテーマとして掲げておきたいのは、「がっつり稼ぐ」です。

「なんだ金かよ、えげつねぇな。」と思われそうですが、お金を稼ぐのは恥ずかしいことでもなんでもありません。むしろ、もっとはっきり意識してやるべきです。だって、そのほうができることが増えるんですから。

ぼくが稼ぐ方法は、「書く」というツール・手段です。ブログを書く、依頼を頂いて書く、クラウドソーシング「ランサーズ」でライティング案件を受注して書く、とにかく「書く」です。

ぼくは「書く」をベースにして、そこでしっかり稼いで、暮らしとナリワイを作りながら生きていきます。どこかの時点で移住はしますし、移住したところで東京での仕事は辞めないで、2拠点〜多拠点生活をしながら引き続きやっていくつもりです。

とはいえ、現状では満足に稼げていないのですが、追々状況がついてこられるように種まきしながら進んでいるので、芽が出て大きく育っていくように引き続き努力していきます。

36歳の途中で会社を辞めてから今日まで、どんなに絶望的な状況でも諦めず・投げ出さずにやってこられたのは、覚悟してやっているからです。今後もそれは変わりません。だって、ブログや「書く」ということの魅力をいちばんよく理解しているつもりなんですから。そもそも諦めるものなんてなにひとつないんですよね。

だから、ストイックにやり続けます。やるべきことはビシっと、でもひたすら楽しんでやっていきます。というわけで、今後もぼく自身や当ブログの変化を楽しんで頂けたらさいわいです!

以上、37歳の所信表明でした!