2017年本屋大賞「蜜蜂と遠雷」はkindleで配信中!スマホでサクッと読もう。

【スポンサーリンク】

2017年本屋大賞「蜜蜂と遠雷」はKindleで配信中!

今年も本屋大賞が発表されましたね!

ピアノコンクールをめぐる青春物語とあって、いちおう音楽家の端くれとしては気になる舞台設定になっています。

Amazonの商品説明によると、こんなさわりのようです。

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

(引用:蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本) Kindle版|Amazonより抜粋)

そういえば、2016年本屋大賞「羊と鋼の森」は、ピアノ調律師を目指す青年の物語でしたね。

偶然にもピアノにまつわるストーリーが選ばれ続けましたね!

 

【スポンサーリンク】

2〜10位までの作品も一部を除いてKindleで読めます!

調べたところ、2017年本屋大賞を受賞した10作品のうち、4位と7位の作品以外はKindle版がありました。

おかげでサクッと読むことができますね!

ぼく個人としては、8位の「夜行」がいちばん気になっています。

著者の森見登美彦 作品はどれもおもしろいのですが、「夜は短し歩けよ乙女」で一気にハマったクチなんですよね。

というわけで、こちらは真っ先に読みたい1冊ですね。

 

【スポンサーリンク】

本はKindleでサクッと読もう!

ぼくは本という本をすべてKindleで読んでいます。

紙の本を買ったのはいつが最後だったかな…というレベルです。あの手軽さを一度体感してしまうと手放せなくなるんですよね。

特に、専用端末・Kindle Paperwhiteで読むと読書が捗るのですが、なにもデバイスを買い足さなくても、手元のスマホ・タブレットに専用アプリをインストールすればすぐに読むことができます。

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Kindle Paperwhiteがオススメなのは、まるで紙のような電子ペーパーディスプレイが、ものすごく読みやすいんですよ。さらにはデバイス内に本を何十冊も入れておけるので、まるで本棚を持ち歩いているような気分になれるんですよ。これがあるおかげで読書がはかどっているので、この点は他のデバイスを寄せ付けないんですよね。

自分は本の虫だ!という人や、とにかく読書が好きな方は、ぜひ買うことをオススメします!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。