他人に期待するのではなく、楽しみに待っていればいい。

自分から見て、頑張って欲しい人や仲間・同僚、部下など、「こうなってほしいな」と期待して「がんばれ!」と応援するのはよくあることですが、ぼくこれ大っ嫌いです。

だって、こんなに迷惑な話、無いじゃないですか

515173ce86c6f1487b5f57bb4321efdd_m

期待されたら負担が増える

応援したいその気持ちは良くわかります。

純粋にがんばってほしいと思っているから、大ファンだから、もっともっと輝いてほしいから。

だから次はこうなってほしいとか、こういう風になったらいいなとか、それぞれ思っていることでしょう。

自分で思っている分には自由です。

いくらでも期待して、応援すれば良い。

 

それを言葉に出して相手に伝えた瞬間に、それはその人の負担以外の何ものでもなくなります

本人なりに色々考えて、努力して、高みを目指しているところに、他人が夢や意見を押し付けちゃったら、ただの迷惑です。

そうやって期待を押し付けていくうちに、期待された方は段々と出来ること・やれることの選択肢が狭まってしまいます。

 

中には、他人の期待をバネにして、期待に応える人もいるでしょう。

でも、期待されちゃったら、もう自由ではないですよね。

だって、その期待は結果を求められてしまうんですから。

楽しみに待っていればいい

気持ちはわかりますが、やはり自分の夢や意見を他人に押し付けるのは良くないです。

言われた方は苦しいだけですよ。

それに、自由に動ける環境を作ってあげないと、伸びるものも伸びないです。

 

もし自分の期待を込めて声を掛けるのなら、よく考えて違う言葉で応援してあげましょう。

だって、みんな誰だって、夢に向かって、目標に向かって、いつもがんばっているじゃないですか。

がんばっている人に「がんばって!」なんて言わずに、労いの言葉を掛けるとか、気持ちを聞いてあげるとか、相手の気持ちを汲んだ会話ができたら良いですよね。

 

決して悪い意味で使うわけではありませんが、ぼくはそもそも他人に対して期待なんてしないほうが良いと思っています

期待するのではなく、いつも楽しみにしています

そして、声を掛けるのなら「楽しみにしてるよ」とか「いい話になるといいね」とか、そんな言葉を掛けるようにしています

状況によって「がんばれ!」と言うことがあったとしても、それが相手の負担にならないように気を付けています。

誰かの言葉に縛られず、自由にのびのびやってもらえるように、でも応援していることが伝わるようにするのってなかなか難しいのですが、でも大事なことですので、ここは手を抜けません。

 

自分が相手のことを好きだからといって勝手に期待を膨らませるのではなく、焦らず、落ち着いて、応援している気持ちが伝わる言葉を送れたら最高じゃないですか。

そして、その人が成長・変化していく様を楽しみにしていれば良いです。

もしできるのならば、その人のために良い環境を作ってあげられたら、それが一番の応援になりますよね。

あとは待っていれば、その人はあなたの思う以上に成長していきますよ。