コーヒー用の自作カップがいい感じに珈琲色に染まってきました。

ちょっとしたこだわりです。

自作カップが珈琲色に染まってきました。

以前から愛用しているコーヒーカップ。

こちら、数年前に旅行した際、途中で寄った工房で作ったものです。

20161125-cup1

実は、製作時は「焼酎を飲む用」にと思って作ったのですが、出来上がってみたらコーヒー用にも行けそうな感じだったので、それ以来コーヒー専用カップとして使っています。

最初からコーヒー用と思って作っていればもっと違うカタチになったはずですが、コーヒー向けではない無骨さが良い味になっているかなぁと自画自賛しています。

これを使って長いことコーヒーを飲んでいるので、カップの中がだんだんと珈琲色に染まってきました。

20161125-cup2

使用後に毎回ちゃんと洗っているのですが、釉薬のヒビの部分から染み込んでいるのでしょうか。

カップの完成直後を思い出すと、本当に色が濃くなりました。でもこれがまた良い味を出してくれています。

飲み終わったときに見えるこの色を楽しむのが、結構好きなんですよね。

 

自宅で楽しむコーヒーは格別♪

ぼくは在宅ワークがメインなので、自宅でおいしいコーヒーが飲めるのはかなり重要なことなんですよね。

寒くなってくるとコーヒーで温まれますし、アタマが冴えるのでよく飲んでいます。そう言えば会社員時代に「コーヒー飲み過ぎ!」とよく言われていましたが、それくらい好きなんですよね。

もっと楽しみたい!と思って、松本さん×イケダハヤトさんの期間限定オンラインサロン「コーヒーサロン」に入塾していたくらいです。当時は積極的に参加できなかったのですが、いまならあれこれ研究する時間がありますので、記事を書きつつ楽しんでやっていきたいですね。

松本さんの書籍が出版されているので、こちらもあわせて参考にしていきます。

 

自宅コーヒーが充実するとカフェチェーン店では飲まなくなる

自宅でおいしいコーヒーが飲めるようになると、外で必要以上に飲まなくなりました。有名なカフェとかにも行きません。

その代わり、ご当地カフェ的なところを探すのが楽しくなりました。そこでおいしいコーヒーが飲めたら嬉しいですし、好みの豆を探すのも楽しみのひとつです。

道具もいろいろこだわれるところがあるので、研究すればするほど深い世界が見えてくるのですが、それがまた楽しいんですよね。どこまでもこだわれるのがコーヒーのおもしろいところです。

というわけで、ひとりで毎日楽しむコーヒーの話でした。

みなさんは、どんなこだわりがありますか?