地震がきたら、すぐにスマホを充電しましょう。

なにもないのが一番なんですけどね。

20161123-smaho-charge

地震がきた!→スマホで情報収集だ!!

昨日の朝、久しぶりに大きな地震がやってきました。

まだぐっすり寝ていましたが、さすがに目が冷めたのですぐにTwitterを開いて情報収集しました。

ぼくはこういうときNHK生活・防災 @nhk_seikatsu を確認するようにしています。

東京は震度3だったようですが、揺れている時間が長くて、このあと続けてもっと大きな地震が来るのでは…とビクビクしてしまいました。

幸い何ごともありませんでしたが、その後も弱い地震が何度かきていますので、まだ油断はできません。

とはいえ、こういうときにスマホは便利でいいですね。

どこにいても、手軽にササッと情報収集できるのはさすがです。

 

便利なスマホもバッテリーが空だったら「ただの板」

こんな便利なスマホですが、使えなければ意味がありません。

非常時に電波が混雑して使えないということもありえますが、とはいえそもそもバッテリーがなかったらどうにもならないわけですよ。

連絡を取りたいときに取れないようでは本末転倒ですので、ぼくは地震がきたらすかさず充電するようにしています

それだけで数時間は長く使えるようになりますし、万が一のときでも躊躇なく使えますよね。

もし外出中などで近くに充電出来る設備がない場合でも、モバイルバッテリーを持っていればその場で充電が可能です

ぼくはこちらを使っています。

すでに持っている方も多いとは思いますが、いまは様々な製品が販売されているので、まだお持ちでない方はなにかひとつ持っておくことをオススメします。

 

「地震大国に住んでいる」と自覚すべし

ご存知のとおり、日本は地震大国です。

日本に住む以上どこにいても地震と付き合っていかなければなりません。

それならば、いつ地震がきてもいいように最低限準備しておくべきです

  • 緊急時持ち出し用のバッグを作っておく、保管場所を決めておく
  • 家族の連絡手段を決めておく
  • 万が一のとき集まる場所を確認しておく

他にも打てる対策はたくさんありますが、なるべく普段の生活でも使えるようなものがいいですよね

毎日使うレベルのもの・こと・場所であれば、どんなに慌てていてもそれを選ぶ可能性が高くなります。

あくまで可能性でしかありませんが、なにもしないよりははるかにマシです。

そして、個人と連絡を取るのに使えるスマホは必須アイテムです

万が一のとき、離れ離れになった家族や友人と連絡を取りたいのに、バッテリーが空で使えなかったらシャレになりません。

「地震があったらとりあえず充電しておく」というのを習慣として身に付けておいてはいかがでしょうか