上手に一人暮らししたければ「モノを持たない生活」を意識するべし

もっとシンプルに生きるべし。

部屋を片付けてます。

ただいま一人暮らしの部屋を絶賛お片付け中です。

引越しの予定があるので片付けているというのもありますが、いままでろくに片付けてこなかったせいで、思いのほか不用品が溜まっていまして。

4年も住んでいたので、溜まる一方だったんでしょう。

「断捨離!」とか「シンプルライフ!」とか言っているのにこれはないだろう!と思いまして、ガシガシとモノを減らしています。

いやぁ、お恥ずかしい…。

あまりに恥ずかしくて部屋全体の写真はお見せできませんが、片付けの一番最初に作業スペースを確保したりして、これのおかげでここ1ヶ月くらい生活にもメリハリをつけられました。

ここだけ見ると狭くともスッキリした空間になっているんですけどね。

20161122-%e7%89%87%e4%bb%98%e3%81%911

が、ちょっと横に目をやるとガサッとした感じがバレてしまいます…いやこれでも片付けたほうなんですよ。

まぁ、またすぐに崩して箱詰めしたりするんですけどね。

20161122-%e7%89%87%e4%bb%98%e3%81%912

とりあえず、今やっていることは「捨てる」「売る」「あげる」の3パターンで、ほとんどは捨てています。

  • 着なくなったり古くなった衣服類
  • デジタル小物
  • 引き取り手のない書籍
  • 紙ゴミ(チラシ・パンフレットなど)

自分が本当に使うもの以外はぜんぶ捨てたいのですが、「なかなかそうは行かないもの」みたいなゾーンに所属するモノたちが捨てきれなくて困っています。

うーん、最初からなければ困らなかったよなぁ。

もう一度こんまりさんの本を読み返そうかな…。

一人暮らしは「モノを持たない生活」をするべし

今回、改めて思いました。

賃料に糸目をつけない場合は別として、東京近辺でごく普通に一人暮らしする場合の賃貸物件はそんなに広くないのだから、モノを増やしてはいけないんですよね。

で、さらに一歩進んで、モノを増やさないではなく、そもそも「モノを持たない」ほうが効率的だなぁと

自分で持つからモノが増えるのであれば、持たずに済ませられるように最初から考えておけばいいわけですよね。

自分で持たなくてもどうにかなるものはそこに任せるとか、借りて済むものは借りるとか。

そこでコンビニを活用するのは良い手ですし、実際ぼくはプリンターをコンビニ任せにしています。

コンビニをフル活用!自宅から色んな機能をアウトソーシングする

2015.03.28

そういう面から考えると、シェアハウスは効率が良いですよね。

自分専用の空間=部屋はちゃんとあって、重要だけれど滞在時間や使用頻度でいったら低いキッチンやトイレを共用にするのは理にかなっています。

お金を払って借りているとはいえ賃貸物件もある意味「持ち物」と考えれば、なるほど納得です

ここをよく理解されているかたの中には、結婚してからもシェアハウスに住んでいるかたもいらっしゃるとか。

おお、なるほど…。

 

東京で生活するならミニマルになるしかない

というわけで、ぼくの結論は「 東京で生活するならミニマルになるしかない 」となりました。

ミニマル=最小限という意味ですが、限られたスペースで豊かに暮らそうと思うなら、いわゆるミニマリストに強制的にならざるを得ないでしょう。

モノが少なくなると今度は出来ることが限られてきますが、それを豊かにするためにシェアしたり、貸し借りしたりしてカバーすれば良いわけですし。

そういうのが苦手という方はモノを増やさざるを得ませんが、すっきりシンプルな生活を送ろうと思ったら一考の価値ありです。

さて、今日も片付けます…。

 

20161122-%e7%89%87%e4%bb%98%e3%81%912