本気でギターが上手くなりたいなら「格安ギター」はオススメしません

安いからといってオススメできません。

guitars-114491_1920

 

「格安ギター」はオススメできない

ギターを練習したい!上達したい!と考えている方には、いわゆる「格安ギター」はオススメできません。

いや、なんとなく言いたいことはわかりますよ。

どれくらい続けるのか・そこまで本気になれるかわからないのに、いきなり50,000円だの100,000円だのという大金は払えないですよね。

Amazonや楽天なんかで10,000〜30,000円ほどで売っているものでとりあえず始めてみて、それからより良い物へシフトしていけば良いか…なんて考えちゃいますよね。

これなんて10,000円以下で買えるので安いですよね。なぜか楽天での評判が良いのが謎ですが…。

でも、その「格安ギター」自体オススメできないんですよ。

技術が進歩して、いろんなものが安く手に入るようになってきましたが、楽器はそういうわけにはいかないんですよね。

たしかに昔に比べれば精度が良くなってきているとは思いますが、それでも良し悪しを決めるボーダーラインはあります。それ以上のものであれば問題ありませんが、それ以下のものについては手出しはしないほうが無難です。

そこがわからない状況で「安いもので済ませてしまおう!」という発想は「安物買いの銭失い」になりかねません。

 

オススメできないたった1つの理由

ぼくが格安ギターをオススメできない理由。

ギターとしての完成度・商品精度以外に理由があるとすれば、それはずばり「 ギターがあなたの成長を助けてくれないから 」にほかなりません。

どんな楽器でも弾き込んでいけば音が変わって行きます。それは楽器の成長ともいえますし、言い換えればあなた自身の成長ともいえます。弾けば弾いただけ応えてくれるのが楽器のおもしろいところです。

でも、その楽器の製造上の精度が低かったら。伸びしろがなかったら。

それはあなたを成長させてはくれない楽器といえます。

演奏家にとって楽器は自分の表現をするためのかけがえのないツールです。意図する演奏に応えてくれない楽器では、せっかくの演奏の幅を狭めてしまいます。

そして、それはなにもプロに限った話ではなく、これから練習して上達したいと思っている初心者のかたにもピッタリ当てはまります。

 

上達したければ最初からしっかり使えるギターを選びましょう!

というわけで、ぼくが、というよりはプロギタリストだったらどなたでも同じようにお答えになると思うギター選びについて書いてみました。

そもそも、上達したい!と思うなら、最初からちゃんと使えるギターを選ぶべきですよね。

そこはケチってはダメでしょう。

どんなものでも上達への近道は「ちゃんと使える道具があること」ですからね。

以上、ギター選び論でした。