無印Zenfone 2・最下位モデルで「ポケモンGO」できました…が難あり

いちおう動きました。

slooProImg_20150523200854.jpg

無印Zenfone 2・最下位モデルでポケモンGOできました

いよいよ公開された「ポケモンGO」。

早速街中にポケモントレーナーがあふれているようですが、これなかなかハマりますよね。

ぼくもすっかりトレーナーになってしまいました…いやハマりますってこれ。

ぼくは基本iPad mini 4でやっているのですが、さすがにちょっと取り回しが悪いというか、重いんですよね。

できればZenfone 2でやりたいな…でも未対応だと言われているしなぁ…と思っていましたが、Google Play Storeにアクセスして試しにダウンロードしてみたらなんとできちゃいました。

Pokémon GO
Pokémon GO
開発元:Niantic, Inc.
無料
posted with アプリーチ
Screenshot_2016-07-23-01-27-12-1

問題なく起動して、ログインして、画面にしたがって進めていったらこのとおりです。

ポケストップにアクセスしたり、ポケモンを捕まえたりと、ひととおりできました。

さすがにジャイロセンサーが無いので自分が向いている方向に追随はしてくれませんが、それでもできてます。

おお、なんだできるんじゃん!

 

しかし難ありだった…

でも、しばらくやっていると、ちょっと難ありなことに気がついてしまいました。

うーん、これが未対応のなせる技か…。

 

1,ときどき操作不能になる

ときどき操作を一切受け付けなくなります。

これがどういうときに発生するのかわかりませんが、ぼくの感覚では「バッテリーセーバー」を設定・動作させたあとと、メニュー画面に入ったときはどうも固まるっぽいです。

試しに「バッテリーセーバー」をオフにしたところ、とりあえず再現はしなくなりましたが、発生原因がわからないので、もしかしたらもともと他の理由で発生しているのかもしれません。

とりあえず、固まるとどうにもできなくなるのでアプリを強制終了→再起動して対処しています。

 

2,動作が激重になることがある

性能が低いことによる弊害だと思われますが、動作が激重にあることが多々あります。

そういうときにメモリ使用量を見ると、空き容量200MBを切っていて瀕死みたくなっていることがありますので、メモリ解放をしています。

それをやるとまたしばらく重くなるので、さすがにちょっと使いづらいですね。

 

3,建物シルエットのチラツキがスゴい

これは性能の問題なのか?

マップを見ていると、建物のシルエットを一生懸命描画しているのでしょうか。

それがチラチラと表示されてしまいます。

止まっているとチラつかないから不具合ではないのでしょうが、これが苦手な人は厳しいかもしれませんね。

 

でもオモシロイよ!

難ありとはいえ、できているので良しとしましょう、といった感じですね。

いちおう遊べるので、ぼくはiPad mini 4ではツラいなぁというときに限定して使うことにしました。バッテリーが干上がっちゃったら連絡が取れなくなってしまうので。

そうなんですよね、バッテリーが心配なんですよね。

やはり大容量バッテリーを持つZenfone Maxのほうがいろいろ安心できるし、長く遊べますよね。

というわけで、ぼくのポケモンGOプレイ環境はこんな感じになりました。

みなさんのプレイ環境はいかがでしょうか?