Chromebook最大の特徴は「Googleアカウント」にあり。

このメリットを理解したとき、Chromebook使いの仲間になれた気がしました。

acer-791027_1920

ChromebookはGoogleアカウントでログインします

Chromebookの変わったところといえば、ログイン時のパスワード入力が挙げられます。

Mac・Windowsだとログイン画面でパスワード入力を求める設定をON/OFFできますが、Chromebookでは必ずログイン時にパスワードを求められます。

それも自由に設定するものではなく、Googleアカウントのパスワードが必要になります。

そうなんです、ChromebookはGoogleアカウントとそのパスワードでログインするんですよ。

まるでGmailにログインするかのような扱いですが、まさにそんな感じなんです。

初期設定時にGoogleアカウントの登録を求められるのですが、それがそのまま反映されるかたちですね。

つまり、Googleアカウントをひとつ持っていれば、そのアカウントをカギにしてGmailと同じようにChromebookも使うことができるんです。

 

Googleアカウントがキモになる

Chromebook最大の特徴になりますが、設定したGoogleアカウントに、Chromebookで行ったすべてのことが紐付きます。

Chromeブラウザで見ていたサイト、Chromeストアから落としたアプリ・各種設定など、すべてがひとつのGoogleアカウントに紐付いて、同じアカウントを設定したデバイスと同期することができます。

Googleアカウントがカギの代わりになるのですが、このカギをひとつ持っていれば、自分のChromebookだろうが他人のChromebookだろうが瞬時に自分が使っている環境を構築することができます。

デバイスの中にデータを保持するのではなく、クラウドで管理しているからこそできる技ですね。

クラウド前提で運用する最大の利点がここにあります。

 

PCが苦手という人にこそオススメ。ミニマリストには特にオススメ。

Chromebookはとにかく無駄がなくシンプルに作られています。

そこに加えて、Windowsのようにウイルス対策ソフトは必要なく、複雑さがまったくありません。

ひととおりのことはできますので、かえってこのシンプルさは「わかりやすさ」につながります。

  • 「パソコンってなんだか難しい」
  • 「ややこしいことばかり起こる」
  • 「詳しくないから使いこなせない」

そう思っている人にこそ、Chromebookをオススメしたいです。

そして、このシンプルで潔いデバイスは、ミニマリストのみなさんにも強くオススメしたいです。

ややこしさが一切なく、とにかくなにをするのも潔いんですよ。

これは使ってみたらわかります。

家電量販店などでぜひ試してみてください。

ぼくの言っていることが少しでも理解できたら、あなたもChromebookユーザーになれますよ。

 

acer-791027_1920