【チャレンジ☆ザ☆ギター2016】4日目。さらにコードを学びました!!

引き続きコードを習いました♪

IMG_0772

さらにコードを習いました

前回、コードをたくさん教えていただきましたが、今回はさらに3つのコードを習いました。

【チャレンジ☆ザ☆ギター2016】3日目。コードを学びました♪

前回習ったのは「Em」「E」「E7」「Am」「C」の5個です。

ここからさらに3つ増えます。

「G7」

まずは「G7」を習いました。

一旦「C」のコードを作ります。

C

これを変形させます。

  • 人差し指 2弦1フレット→1弦1フレット
  • 中指 4弦2フレット→5弦2フレット
  • 薬指 5弦3フレット→6弦3フレット

指を開く感じになりますが、これで作れるコードが「G7」です。

G7

「A」

2つめは「A」です。

前回習ったコードの中に「Am」というのがありましたが、ここからかんたんに作ることができます。

まずは「Am」を作ります。

Am

先ほどと同じくこれを変形させます。

  • 人差し指 2弦1フレット→はずす
  • 中指 そのまま(4弦2フレット)
  • 薬指 そのまま(3弦2フレット)
  • 小指 なし→2弦2フレット

これで「A」になります。

A

 

「A7」

最後は「A7」です。

これは「A」から変形させるとかんたんです。

  • 中指 そのまま(4弦2フレット)
  • 薬指 3弦2フレット→はずす
  • 小指 そのまま(2弦2フレット)

これで「A7」になります。

A7

演奏の流れの中ではコードの指使いも変わる!

コードを学ぶときに、左手の指はどこを押さえるのか指定されています。

例えば「A」は「中指・薬指・小指」です。

「人差し指・中指・薬指ではダメなの?」という声が聞こえてきそうですが、それがダメということではなくて、標準的な押さえ方が「中指・薬指・小指」であって、演奏の流れの中では人差し指を使うこともあります。

人差し指を使わない方が、そこから他のコードへ移行しやすいというのもありますね。

つまり、これが絶対ではありませんが、いま覚えるのに一番標準的な押さえ方で習っているということなので、これじゃなければダメというわけではありません。

 

いよいよ課題曲の説明を聞きました♪

レッスンの残り時間を使って、課題曲「ムーンリバー」について説明を受けました。

いまままでの練習でも楽譜は出てきましたが、本格的な楽譜を見るのはこれが初めてです。

なので、読み方や注意点などを教えていただきました。

「ムーンリバー」は1小節が3拍で刻まれていきます。コード演奏するときは同じコードを3回ずつ弾いて行くことがほとんどですので、焦らずに次のコードに移れるかがポイントになりそうです。

メロディを演奏するときは、長く伸ばす「付点2部音符」や「4分音符」など音の長さに注意します。

というわけで、いよいよ来週から少しずつ曲の練習が始まりますので、今週は自宅でしっかり練習しないとです!