都会でスマホが流行る理由。通勤ラッシュで使うにはこれしかなかった

なんとなく理解してしまいました。

iphone6plus-538898_1920

スマホはなぜ選ばれる?

手元にあるデバイスがかつてのガラケーから移り変わり、いまやだれでも持っているツールとなったスマホ。

あの小型デバイスになんでも情報が集まるのはとても便利ですよね。

でも、ぼくのようにiPad mini 4をメインにしていると、スマホの小さな画面であれこれと処理していくのが非効率過ぎてやってられないなぁ…と思ってしまうんですよ。

しかも最新のiPhone 6sとiPad mini 4を比べると、約4万円近く価格差があるんですよ。

iPhone 6s Plusと比較すると約5万円近く価格が開いており、なんでこんな高いものをみんな買うんだ…?と正直思ってしまいます。

もちろん、通話機能の有無はありますが、LINEやGoogleハングアウトなどで通話できることを考えたら、従来の通話機能はそれほど重要ではなくなってきています。

それなのにスマホが選ばれる理由って一体…と考えていましたが、ふと気がついてしまいました。

 

都会でスマホが流行る理由

都会に限定しますが、スマホが流行った理由はズバリ満員電車にあると見ています。

通勤ラッシュを想像すればかんたんですが、あのラッシュ内でも情報のやり取りをスムーズにするためには、ある程度小型で、かつ自由度が高いデバイスが求められるんですよ。

座っていたとしてもPCを開いてやりとりするのは難しいですし、タブレットもちょっと微妙です。そう考えると、スマホは片手に収まるのでかなり取り回しがいいんですよね。

最近は大画面化してきましたが、5インチくらいまでだったら片手で余裕で扱えます。

スマホなら、たとえぎゅうぎゅう詰めになろうとも片手さえ動かせれば操作できますし、退屈な時間を友人とのやり取りや家族への連絡、情報収集に当てられるので有益な時間に変えることができます。

そう考えると、スマホの需要が高いのもうなづけますね。

 

でも大画面過ぎるとツラいので小型スマホが欲しい!

先ほども書きましたが、スマホは年々大画面化してきています。

スティーブ・ジョブズは反対していましたが、そのiPhoneでさえ時代の流れとともに巨大化しています。

  • iPhone 3/3G/4 3.5インチ
  • iPhone 5/5s/5c 4インチ
  • iPhone 6/6s 4.7インチ
  • iPhone 6 Plus/6s Plus 5.5インチ

ぼくが使っているZenfone 2も5.5インチなので大きい部類に入りますが、片手で使うにはちょっと厳しいんですよね。

情報処理は捗りますが、もっと小さくていいと思っています。

せめて5インチ、できれば4インチクラスの画面サイズのほうが手に馴染むし、取り回しもいいです。

次にスマホを更新するときはここらへんも視野に入れて検討したいのですが、いかんせん小型スマホの種類が少なくて困っています。

世界的な流れは大画面化なのはわかりますが、日本人の手にはそんなバカでかいものはあわないんですよ。

小型でそこそこのスペックを持つスマホ、誰か作ってくれないかなぁ。