MacヘビーユーザーがChromebook Flipを使って感じた3つの「ここが惜しい」

いいデバイスだからこそ、惜しいなぁと思ってしまいます。

IMG_0736

2週間使い倒してみました

Chromebook Flipを購入から2週間使い倒してみました。

それまでMacBook Airを毎日立ち上げていましたが、ChromeOSに慣れるためにと思ってChromebook Flipを毎日立ち上げてみました。

その結果、ぼくが感覚として得られたのは「これでいい」ではなく「ちょうどいい」でした。

Chromebookは「これでいい」ではなく「ちょうどいい」デバイス

使えば使うほど手に馴染むんですよ。

MacBook Airでさえそこまでには至りませんでしたが、手軽さ・気軽さ・持ち運ぶときの軽さがそういう風に思わせてくれているような気がしています。

すごくいいデバイスなので、ほんとうに毎日使いたくなるんですよ。

それくらいいいです。

 

でもここがちょっと惜しい!という3つのポイント

かなり気に入って使っていますが、使えば使うほど「ここがもうちょっとよかったらなぁ…」と思う点が出てきました。

ないものねだりだとは思っていますが、次世代機が出てくるのであれば、ここが改善されていたら嬉しいですね。

 

1,キーボードバックライトが欲しい

MacBook Airで地味だけれど超絶重宝していたのがキーボードバックライトです。

キーに印字された文字が光って、暗い中でもタイピングすることができます。

正直、ぼくは家の電気をほとんどつけずに生活しているので、この機能が欲しくてMacBookを使ってきたという側面もあるくらいなんですよ。

Chromebook Flipを使うときに、キーボードバックライトがないことがネックだと考えていたほどです。

それを解決するためにUSB接続のLEDライトを使っていますが、そこまで明るくなくてもいいなぁと思ったりもしています。

効率アップ!Chromebook Flipのキーボードを照らすLEDライトを購入

20160619 LED 04

 

2,USBコネクタの位置を左右1個ずつ配置&側面後方へ持って行って欲しい

Chromebook FlipのUSBコネクタは右側面・手前側に2個続けて配置されています。

Chromebook Flip

この位置が使いづらくて、接続するデバイスが手元に近いところに集まってしまうので、大きさによっては邪魔になるんですよね。

それに、2個続けてだとあれもこれもが右手のあたりに集まってしまって、ちょっと鬱陶しい感じなんですよ。

なので、できればUSBコネクタは左右に1個ずつ配置して欲しいのと、位置を側面後方にして欲しいです。

余談ですが、USBのバージョンも2.0と遠慮せずに、最新の3.0を搭載して欲しいです。

 

3,独自電源コネクタを廃止してマイクロUSBなどにしてほしい

Chromebook Flipの電源コネクタは、本体左側面・後方に独自仕様のものが備わっています。

アダプターを常に持っていれば問題はないのでしょうが、いざというときにコンセントを探してアダプタを差し込まないと充電できないなんて、ちょっといま風ではないなぁと思ってしまいます。

この独自仕様がせっかくの軽さと機動力を相殺してしまっているようなものです。

MacBook 12インチのように、USB-Cコネクタを搭載するか、せめてマイクロUSBが搭載されて、モバイルバッテリーなどからでも充電できるようになればものすごく使い勝手が向上します。

 

お気に入りのデバイスだからこそ進化してほしい

自分で使ってみたからこそつい言いたくなってしまうのですが、Chromebook Flipにはぜひもっと進化して欲しいんですよね。

これほど使い勝手がいいデバイスにはなかなか出会えません。

だからこそ、あと少しだけ進化してくれたらいいなぁ…と欲が出てしまいます。

それを補いながら使うのもまた楽しいんですけどね。

次世代機の話も聞こえてきていますが、ここらへんが改善されていたら即座に飛びついてしまいそうです。

Chromebookは相当ニッチなものですが、PCの行く末を占う重要なデバイスだとぼくは思っているので、ぼくが未来を切り開くんだ!くらいの意気込みでもっと使い込んでいきますよ!