CD整理にオススメ!iTunes Matchを使って音楽データを高音質クラウド化しよう

音楽は個人の感性を豊かにしてくれる素晴らしいものですが、CDというカタチになってしまうと、残念ながら家の中で置き場所をとってしまいます。

これを整理するためにiTunesを使っている方は多いと思いますが、それをさらに一歩進めて、音楽データそのものをクラウド化してみませんか?

保存容量に悩まされたり、データ消失などのトラブルも無くなるので、オススメです。

screenshot-www.apple.com 2015-04-19 17-37-37

(出典:Apple – iTunes – iTunes Match

音楽データをローカル→クラウド化するだけじゃない「iTunes Match」

以前、「CD・DVDを捨てて、ワンランク上のシンプル空間を作る」という記事を書きましたが、その中でも特に音楽データに関しては完全にクラウド化しています。

それを実現できたのは「iTunes Match」のおかげです。

 

これを使うと、ミュージックライブラリをまるごとiCloudに保存することができます。

そこからストリーミング再生させたり、デバイスにダウンロードして再生することが出来るようになります。

つまり、パソコンのハードディスクやiPhoneのストレージに保存しなくても、通信環境さえあれば音楽が聞けるようになります。

 

さらに、iTunes Matchの特徴として、ミュージックライブラリにあった音楽と同じものがiTunes Store上にあれば、自動的に置き換えてくれます。

より品質の良いデータに自動的に置き換えてくれるので、例えばずいぶん前に取り込んだ音楽は保存容量の問題で圧縮してあることが多いと思いますので、これがすべて高音質なものにしてもらえます。

いくつかあるデメリットを理解しよう

いいコトづくしのように聞こえますが、事前に理解しておかなければならない点がいくつかあります。

 

1つは、利用するにあたり年間3,980円かかる有料サービスだということです。

これだけの機能が使えますので、これは理解して使用できればいいと思います。

 

2つ目に、音楽データは25,000曲までしか保存できないことです。

たぶん多くの方がそれで充分だと思いますが、もしそれ以上の曲数を保有している場合は整理する必要があります。

 

3つ目に、取り込めない音楽データがあることです。

これがちょっと厄介で、Appleが定めた品質でないと取り込まれないようです。

インターネット上では、そのぎりぎりのラインが96kbpsと言われています。

 

その逆で高音質すぎる場合。

こちらは取り込めますが自動的に256kbpsに圧縮されます。

ロスレスなどで保存している場合は、圧縮されますので注意が必要です。

 

また、品質に関わらず短い音楽(4秒以下)は取り込まれないようです。

 

最後に、初回の取り込みに時間がかかることです。

ミュージックライブラリにあるすべてのデータをクラウド化するのでなんとなく想像はつきますが、それに加えてiTunes Storeに同じものがないかを探している(と思う)ので、かなり時間がかかります。

ぼくは連休中にこの作業をやりましたが、約1日かかっていました。

準備ができれば最高の音楽環境を構築できる!

初回準備の手間はありますが、それを乗り越えてしまえば、いつでもどこでも自分の好きな音楽を聞ける環境が構築できます。

しかも、ストリーミング再生できるということは、使用しているパソコンやiPhoneに保存しなくていいということです。

つまり、音楽データのためにストレージ容量の大きな機器を買わなくてもいいので、購入時のコストを抑えることにもつながります

あとは通信環境さえ整えれば完ぺきです。

外で聴くならWiMAX2+格安SIM・NTTぷらら定額無制限などのプランがまさにピッタリですね。

 

これからゴールデンウィークも控えていますので、そこで使えるように準備を進めて、どこでも音楽が聞ける環境を作ってみてください。

外付けハードディスクを買ったり、メモリカードを買い増ししたりしなくていいので、本当にオススメですよ!

ぜひ音楽を楽しんでください♪

 

ぼくの一人暮らしの知恵をまとめています。

ぜひお読みください!

この春一人暮らしを始める大学生・社会人のみなさんに送る、ぼくの一人暮らしの知恵・まとめ。