「OK Google」Chromebook Flipで音声検索。未来感がハンパない!

これをやると未来感がハンパないですね。

singer-690117_1280

音声検索が便利!

「OK Google」

テレビCMなどでもすっかりおなじみになりましたが、スマホに向かってこう語りかけると、その内容を聞き取って検索を開始してくれます。

初めて試したときは「おお!すげぇ!時代はここまで来たんだ!」と一人で興奮したのを覚えていますが、その音声検索をChromebook Flipでも使うことができます。

使えるシーンは決まっています。

  • アプリランチャーを立ち上げているとき
  • Chromeブラウザで「新しいタブ」を開いているとき

今回は試しにアプリランチャーから音声検索をしてみます。

 

1,アプリランチャーを起動

まずは虫眼鏡のアイコンからアプリランチャーを起動します。

Screenshot 2016-06-20 at 01

2,「OK Google」と呼びかける

ここで「OK Google」と呼びかけると、「お話しください」と表示されます。

この状態で話しかけると、その内容を聞き取って自動変換して検索してくれます。

Screenshot 2016-06-20 at 02

3,話しかける

試しに「Chromebook Flip」と呼びかけてみました。

おお!正確に読み取ってる!

Screenshot 2016-06-20 at 03

4,認識された言葉を即座に検索開始

すぐにChromeブラウザが立ち上がって、検索結果を表示してくれました。

なんてスムーズなんだ!

Screenshot 2016-06-20 at 04

 

音声検索を使いたかったら設定を変更しよう!

こんなに便利な音声検索ですが、実は初期設定ではオフになっています。

理由はわかりませんが、使うか使わないかわからない機能はオフにしてあるのでしょうか?

とにかく、設定を変えないことには使うことができません。

「設定」を起動すると、「検索」の項目に「「OK Google」による音声検索の開始を有効にする」というチェックボックスがありますので、これにチェックを入れます。

これで準備完了です。

Screenshot 2016-06-20 at 05

あとは、先ほどのとおりアプリランチャーを立ち上げるか、Chromeブラウザの「新しいタブ」を表示しているときに「OK Google」と話しかければ、音声検索してくれます。

 

音声検索は最強の入力インターフェイスだ。

音声検索を使いはじめると、キーボードで一生懸命文字入力して検索するのがなんだかバカらしくなってきます。

まだまだ発展途上の技術なので、言葉を正確に認識してくれないケースや、狙った言葉への変換がうまくいかないことなんかはザラにありますが、それを補って余りあるくらい音声検索は魅力的なんですよ。

画面に向かって指を動かさず話しかけるだけでいいなんて、とんでもなく未来です。

こういう体験をしてしまうと、スマホ・タブレットによるモバイルファースト時代と呼ばれるいまは、文字を一生懸命入力する時代ではないんだろうなぁと感じずに入られません。

Chromebook Flipの場合、テントスタイル・タブレットスタイルのときは文字入力がしづらいので、特に重宝しています。

音声検索はこれからもっとおもしろくなってくる分野だと思うので、その恩恵を感じながら楽しくデバイスを使っていきたいですね。