神アップデート!Chromebook FlipでAndroidアプリが動いた!

いよいよ神アップデートがきました!

android-994910_1920

Chromebook FlipでAndroidアプリが使用可能に!

「ChromebookでAndroidアプリが動く」

「Google I/O 2016」で発表されて以来、多くの人に期待されていた件ですが、昨日からそれが現実のものとなりましたので、ぼくも早速試してみました。

Skypeアプリをダウンロードして動かしたところ、しっかり動作してくれましたよ。

20160618 Chromebook Flip Skype2

Skypeの音声テストをやってみましたが、ごく普通に動いてくれました。

ちゃんと自分の音声も返ってきたので、マイクも機能しています。

他にもTwitterやパズドラなんかを試してみましたが、どちらも動いてくれています。

ただ、まだ安定動作には至っていないようで、例えばパズドラは動きが遅くなってしまっています。

また、どのアプリでもうまく終了できないことがあったりして、そうするとずっとシェルフ上に残ったままになっていたりしています。

ココらへんが解決すればさらに使いやすくなると思われますが、それもアプリの対応次第でしょうから時間の問題かと。

いやー、おもしろくなってきましたな。

 

Chromebook FlipでAndroidアプリを使うための設定

手元にあるChromebook FlipでAndroidアプリを動かしてみたい!と思ったら、設定を変更する必要があります。

かんたんにいうとChromeOSを「Devチャンネル」に変更します。

変更方法はとてもかんたんです。

1,設定を開いて「ChromeOSについて」をクリック

ここからChromeOS自体の設定を変更できます。

Screenshot 2016-06-18 at 12

2,「詳細情報…」をクリック

より深い階層の設定画面へ移動します。

Screenshot 2016-06-18 at 13

3,「チャンネルを変更…」をクリック

さらに奥へと進みます。

Screenshot 2016-06-18 at 14

4,「Dev – 不安定」を選択して決定

3種類あるチャンネルから「Dev – 不安定」を選んで決定します。

そうするとアップデートが始まります。

Screenshot 2016-06-18 at 15

5,アップデート終了後に再起動するとシェルフ上に「Google Playストア」が表示される

再起動するとシェルフ上に「Google Playストア」が表示されます。

ここからAndroidアプリをダウンロードすることができます。

Screenshot 2016-06-18 at 16

 

Chromebook Flipがさらに熱いデバイスになった!

「Chromebookってアプリは少ないし出来ることは少ないし、一体何に使うの?」という疑問を持っている方が多くいたことは事実ですし、そもそもChromebookってなんなの?という存在そのものがあまり知られていない状況でした。

それが、Androidアプリが使えるようになれば話は大きく変わります。発表以降大きな話題になったことでわかりますが、注目度がものすごく高くなっています。

Google Play ストアにはすでに多くのAndroidアプリがあり、毎日のようにダウンロードされています。

スマホではない、タブレットでもない、PCの仲間だったChromebook Flipでそれを使えるようになったんです。

Chromebook自体も対応しているものが少ないのが現状で、Androidアプリ自体の対応もこれからという状況ではありますが、時間とともに対応アプリが増えていけば、Chromebook Flipをより使いやすくカスタマイズできるようになるんです。

しかもChromebook Flipならタッチパネルなので、スマホ感覚でアプリを使うことができます。

これはいままでのPCの常識を覆すような一大事ですよ。

ぼくもしばらくはいろいろ試しながら、自分にあった使い方・カスタマイズを施してみます。

いやぁ、楽しいなぁ♪