【チャレンジ☆ザ☆ギター2016】1日目。ギターワークショップがいよいよ始まりました♪

いよいよ始まりました!

チャレンジザギター2016募集

ギターワークショップがいよいよ始まりました♪

毎年大好評となっている横浜市吉野町市民プラザ主催ギターワークショップ「チャレンジ☆ザ☆ギター」。

2016年度の講座がいよいよ始まりました。

今回はなんと総勢34名の受講生が参加となりました!

20160605 WS2016−1

年齢の幅も大きくて、下は9歳、上は70歳となっていて、この場には果たして何世代が集まっているのか!?とすぐには判別できないくらいさまざまな受講生が集まりました。

これからこのメンバーで3ヶ月間一緒にギターを習っていきます!

さて、そのギターですが、「今日はじめてギターを触ったという人は手を挙げてみてください」と堀井先生が受講生に質問したところ、ざっくりですが4〜5割ほどの方が手を挙げていました。

このワークショップは「初心者大歓迎!」なので、一緒にギターを習って、ギターの楽しさを体感して頂き、この先の人生の中でぜひ引き続けてもらえるようになったらうれしいですよね。

ワークショップは3ヶ月間・全10回のレッスンになりますが、毎年気が付いたらあっという間に終わってしまいます。

堀井先生はじめまわりにスタッフがいつもいるので、ちょっとわからないことがあってもすぐに確認できる体制になっていますので、遠慮せずに講義に集中してもらえたらうれしいです。

 

ギターを弾いてみよう♪

これから覚えていくことはたくさんありますが、初日はそういう細かいところは抜きにして、まずは音を出してみましょう!ということで、早速かんたんなレクチャーを受けました。

さすがにギターの構え方がわからないといけないので、クラシックギターとフォークギターの基本的な構え方をまずは習いました。

もう1つ、ギターのかんたんな構造を習いました。例えば、ギターの弦は何本あって、どっちが1弦で、どっちが6弦なのか?とか。指板上にあるフレット(鉄の棒)がいくつあるのか?とか。これから何度となく確認することになる超基本的なところなので、しっかりと説明を伺いました。

「じゃあ早速音を出してみましょう!」と堀井先生から合図がでたので、「◯弦の◯フレット」を押さえて音を出したり、コード演奏をするようにジャラーンと鳴らしてみたり、いろいろ試してみました。

おおー!音が出ました!

これに「C」「G」「F」などのコードを押さえれば伴奏ができますし、「◯弦◯フレット」を連続して押さえていくとメロディ演奏ができるようになります。

いよいよ来週からしっかりとした練習が始まります。

順を追って練習していけば3ヶ月後にはきっと演奏できるようになっています!

これは来週のレッスンが楽しみです♪