生活コストを再チェック。お金は「自分が払いたいもの」に払おう。

なににお金を使うか考えておくことは大切ですね。

coin-1080535_1920

お金をなにに使っているか、把握していますか?

毎日生活していれば、どうしてもお金はかかるものです。

みなさんそれぞれ必要なものにお金を支払って、その対価としてサービスを受けたり、購入したりしていますよね。

できることならば、お金は節約したいと思うのが一般的かと思いますが、それでも必要なものにはお金をかけたいじゃないですか。

いくら節約したいとはいえ、自分がすきなこと・ものに遠慮はしたくないですよね。

そう思ったときにできることといえば、日頃は節約して、使いたいときに使えるようにしておくことです。そして、そのお金の流れを把握しておくことが大切です。

毎日の食費を少しでも浮かすために自炊したり、ペットボトルの飲料を買わないで自宅から水筒を持っていくとか。

かくいうぼくも朝食をしっかり食べることと、それにかかるお金を節約することを考えて、冷凍おにぎりを量産して都度温めて食べています。

忙しい朝にオススメ!欠かさず朝食を食べるために冷凍おにぎりを量産しよう

それと並行して、今日1日なににお金を使ったのかしっかりメモしておいて、経費を把握しておきます。

最近ではいいスマホアプリが出ていますので、それを使うと効率的に管理できます。

ぼくはマネーフォワードを使っていますよ。

家計簿マネーフォワード
家計簿マネーフォワード
無料
posted with アプリーチ

 

お金は「自分が支払ってもいいと思うもの」だけに払う

貯金したい・節約したいと思ったときによく言われるのが「無駄な出費を抑える」です。

たしかにそのとおりで、無駄な出費が抑えられれば当然お金は溜まっていきます。

かんたんな話ですよね。

でも、かんたんじゃないんですよ。

無駄な出費を抑えることは大切なのですが、それではよほど意志が固いか、お金を持たない生活をしているかのどちらかでなければ、うまくいかないんですよ。

残念ながら、世の中には誘惑が多いですからね…。

それを振り切れるくらい、強い意志を持っているのなら話は別ですが、凡人のぼくなんかはすぐにちょっとなにか買ってしまったりするんです。

だから、発想を変えるべきです。

「無駄な出費を抑える」のではなく、「自分が支払ってもいいと思うものだけにお金を支払う」んです。

なににお金を払っているのかを把握するのはこのためで、それが本当に必要なものであればしっかりとお金を払うべきです。

ヘタに中途半端なものを買って失敗するくらいなら、ちょっと高くてもしっかり使えて長持ちするもののほうがよほど価値が高いですし、長い目で見たら安いじゃないですか。

もちろん、普段から無駄遣いをなくすことも大切ですが、なんでもかんでも出費を抑えてしまっては自分が先細っていくだけです。

そうではなくて、必要なものにはしっかりとお金を使うほうがよっぽど大切ですよ。

というわけで、お金の使い方を学ぶことは大切だなぁと常々感じています。

これを教えてくれる人ってなかなかいないんですよね。

お金を払えば買えるのが当たり前だからでしょうか。

ぼくからすると、なんだかとても不思議な感じです。

 

ぼくの一人暮らしの知恵をまとめています。

ぜひお読みください!

この春一人暮らしを始める大学生・社会人のみなさんに送る、ぼくの一人暮らしの知恵・まとめ。