「すみません」から始まるコミュニケーションがキライです。

持論です。

20160516 02

なぜ謝るの?

これ、日本人独特の感覚なのでしょうか。

意識していないだけ?

それとも口ぐせ?

謝るシーンではないのに「すみません」と謝っている人が多く見受けられますが、なんで謝るのでしょうか。

これが不思議でなりません。

そりゃあ、悪いことをしてしまったり、迷惑をかけてしまったときに謝るのはわかります。

ところが、なんでもかんでも「すみません」と言ってしまうのは変ですよね。

相手が自分のために何かしてくれたとき、お願いしていたことをやってもらったとき、プレゼントをもらったとき、本来なら感謝の気持ちを伝えるべきところで「すみません」なんて言ってしまったら、相手も悪い気がしてしまいますよ。

うーん、変ですよ。

 

「すみません」より「ありがとう」を使いたい

悪いこと・迷惑をかけたときに「すみません」というならわかりますが、相手が自分のためになにかしてくれたときは「ありがとう」でいいじゃないですか。

謝罪するべきでないシーンなら、極力「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えたほうが、お互いに気持がいいですよね。

口ぐせのように「すみません」なんて言っていないで、どうせ口ぐせにするなら「ありがとう」のほうが数百倍いいですよ。

日本人は侍の時代から主君を立て、自分は常に後ろに控えて生きる奥ゆかしい文化を持っていましたが、そこからはとっくにかけ離れているいまの世の中では、そんな小難しいやりとりを続ける必要はないはずです。

感謝の気持ちを持っているのなら、素直に「ありがとう」とひとこと言うだけでいいじゃないですか。

たったそれだけで、ものすごくスッキリしますよ。

 

もっと素直になろうよ

日本人って不思議な文化を持っていて、なんとなく恥ずかしがって「ありがとう」と言えず、その代わりに「すみません」と言ってしまうんですよね。

自分の気持ちを素直に表現することが恥ずかしくて、相手がやってくれたことに対して自分の都合でなぜか謝っちゃっているのですが、それこそそっちの方が余計に恥ずかしくないですか?

そういう不思議なことはもうやめましょうよ。

たったそれだけで異常なまでにスッキリするのですから。

もし「すみません」が口ぐせになっていたり、染み付いていたりするのなら、まずは意識して使わないようにすればいいんですよ。

万が一「すみません」を使ってしまっても、すぐに「ありがとう」でカバーするクセを付けておけば、いずれそれが習慣になって、そのうち「ありがとう」が当たりまえになります。

そこまで徹底してやっていいレベルだとぼくは思っているので、この方法はオススメですよ。

さぁ、今日この瞬間から「なんとなく謝罪」をやめて、いつでも感謝の気持ちを表現できる人に変わっていきましょう♪