「モノを持たない生活」は心地よい。モノの断捨離をして人生を輝かせよう!

月日が経つほど、部屋にはモノが増えていくものです。

時々整理しておかないと増える一方で、段々落ち着かない部屋になってしまいます。

そんな風にならないように、なんでも買える・手軽に手に入る今だからこそ「モノを持たない生活」をしませんか?

6750410044b803d38e91cc6b037dd1f0_m

自分にとって本当に必要なのかを見極める

街の雑貨屋にふと立ち寄って、グッとくるマグカップやお皿・インテリアなどを見かけたとき。

雰囲気が良くて、手にとった時にビビビッ!と感じて、無くても困らないけれど…でもいいなぁ…などと考えながら、店内をウロウロしながらもうちょっと悩んでみたり。

そうこうしているうちに結局買ってしまったりするのですが、これがなかなか当たらないんです。

自分の部屋の雰囲気に合わず、なんとなくあまり使わないままで、気が付いたら部屋の隅にぽつーんとしていたり…。

 

そんな経験をお持ちの方は、実は多いと思います。

これ、自分に必要でないものを買ってしまったがために起きた悲劇です。

店頭で見たときは良さそうに見えても、実際に自分で使うシーンが想像出来ないと、そのものは使わなくなってしまいます。

せっかくの購入品が無駄になってしまいますよね。

 

これを防ぐためには、購入するときに自分自身に問いかける必要があります。

・それが本当に自分にとって本当に必要なのか

・どんな時に使いたいのか、どれくらい使うものなのか

・今あるもので代用できないものなのか

 

自分に問いかけて、それでも欲しいものであれば、即買うべきです。

そうでなければ、買わない方がいいです。

そもそも、購入を迷った時点で考え直しましょう。

そうすることで、自分に本当に必要なものが見極められます。

選び抜かれたモノだけに囲まれた空間は快適

今では手軽になんでも買えてしまうので、その反面、整理整頓を怠るとすぐに部屋がモノで溢れかえってしまいます。

購入前にそのモノたちを見極めることができれば、すっきりとした部屋を保つことができます。

すでに家の中にあるモノでも、それらと向きあえば改善できます。

 

少し前に流行っていた「断捨離」という言葉がまさにピッタリきますが、使っていないもの・あまり使わないものなどは思い切って処分してしまいましょう

そして、本当に必要な物だけに絞っていくと、部屋からノイズが消えて、とても快適な生活空間に生まれ変わります

快適な生活空間が手に入ると、新しいアイデアをひらめいたり、落ち着いて集中できたりと、よりクリエイティブな活動に専念することが出来ます

自宅がクリエイティブな空間になるなんて、こんないいことはないですよね。

 

家・部屋は長い時間を過ごす生活空間です。

その空間で充実した時間を過ごすためにはどうすればいいのか、ぜひ想像してください。

そのために必要な快適空間を作ることを考えて、モノを選ぶときはじっくり吟味してください。

その繰り返しが、あなたのステキな空間を創造するだけでなく、人生そのものを輝かせてくれますよ。

ぼくの一人暮らしの知恵をまとめています。

ぜひお読みください!

この春一人暮らしを始める大学生・社会人のみなさんに送る、ぼくの一人暮らしの知恵・まとめ。