「僕だけがいない街」がいよいよ完結!全巻Kindle本でまとめ読みできますぞ!

ほんとおもしろかったです!

Kindle Paperwhite White01

僕だけがいない街、ついに完結!

「僕だけがいない街」をご存知でしょうか?

漫画家・三部けいさんのコミックなのですが、奥が深くておもしろいです。

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。

ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。

それは…時間が巻き戻るということ!

この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来?

それとも…。

(1巻、Amazon商品説明より)

漫画やアニメで好まれる、時間軸が行ったり来たりするタイムリープ系の設定なのですが、いわゆるSFモノではなく、どこにでもありそうな現代と過去を行き来する設定になっています。

この作品の場合それを「再上映」(リバイバル)と呼んでいます。

「再上映」は「時間がある時点まで何度も巻き戻る現象」のことです。

ここがツボでして、主人公・悟が直後に起こる事件・事故の原因に気が付いて未然に防ぐことができるまで何度でも同じ過去に飛ばされます。

この変わった設定が後に続くストーリーを大きく動かしていきます。

コミックは2013年に1巻が発売されて、足掛け3年以上かかってついにこの春で完結となりました。

その最終巻(8巻)が発売されたばかりです。

ぼくは即効でKindle版をダウンロードして読みました。

ネタバレするつもりはありませんのでぜひ買って読んで頂きたいのですが、最新刊の発売が待ち遠しいかったコミックは久しぶりです。

そして、読み終わったあとの爽快感もまたいいんですよ。

ちょうどゴールデンウィークもありますし、ぜひまとめ読みなんかしてみてはいかがでしょうか。

Amazonにアクセスすると「まとめ買い」もあるので、これから買い揃える人にはそちらのほうがいいですね。

映画もおもしろそう♪

コミックはものすごい人気なんですよね。

評価もスゴくて、各方面から傑作との評価を得ています。

実績もスゴいです。

  • 「マンガ大賞」2014年・2015年・2016年と続けて3年連続ランクイン
  • 「このマンガがすごい!」3年連続ランクイン
  • 「全国3000店の書店員と選んだコレ読んで漫画RANKING」第1位

この勢いに乗って、2016年3月に映画化されました。

主人公・悟に藤原竜也さん、ヒロイン・愛梨に有村架純さん、悟の母・佐知子に石田ゆり子さん、他にも名立たる俳優が出演しています。

コミックのスピード感と「再上映」が映画でどのように表現されているか、興味深いですね。

コミックにハマった人は、映画も見るとより世界観にハマれること間違いなしでしょう!

 

「僕だけがいない街」を読むなら「Kindle Paperwhite」がオススメ!

ぼくはいつも書籍を買って読む人に電子書籍をオススメしています。

紙の良さもわかりますが、電子書籍の利便性を一度でも体験してしまったらもう戻れないですから。

Kindle本はiPhone・Androidアプリでも読めますが、ぼくは「Kindle Paperwhite」で読むことをオススメしています。

まるで紙と見間違うかのようなディスプレイでKindle本を読むと、読みやすいし目が疲れないし、なにより本体が軽いので手が疲れません。

紙ではどんなに分厚いものだったとしても、Kindle本になってしまえばデバイス本体の重さしかかかりませんので、これは画期的ですよ。

本をよく読む人、特に読書家の方は買って損はありません。

ちなみに、購入される際は「Kindle Paperwhite・キャンペーン情報なし」を選ぶことをオススメします。

読書に対するイメージがガラッと変わりますよ。

 

Kindle Paperwhite White01