なりたい自分になるために、弱い自分を見つけて徹底排除しよう

人間、いくらでも変われますよ。

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

なりたい自分になれなくてくすぶってる場合じゃない!

日本では、侍の時代からつい最近まで、ずっと「個性」を隠す・控えることが美徳とされてきました。

「主に尽くす」「自分を殺してお館様のためになることだけに集中する」という、いわゆる武士道の延長線上にあたる考え方ですが、それがグローバリズムの中では通用しないことを多くの人が目の当たりにしてきました。

そうなんですよ、控えめに生きたり自分を殺している場合じゃないんですよ。

もっとその個性を活かすべきです。

極端に言い切りますが、なりたい自分にならなければ先がないんです。

「そんなに世の中あまくないよ」と言われるかもしれませんが、そのとおりで世の中は甘くないです。

だからこそ、自分がいちばん生きるフィールドで生きなければダメでしょう。

そこを勘違いしたままでは、進化もへったくれもありませんよ。

あー、「そんなの関係ねぇ」的な古風な昭和人たちのことはもう忘れましょう。追いかけてもなにも出てこないし、進化するつもりがないばかりか、若い芽を摘むことに必死になってますから。

そういう人を見つけたら、最大限の優しさを持ってそっとしておいてあげましょう。

 

弱い自分と向きあおう

なりたい自分になることは、いまを生き抜くことに他なりません。

でも、クドいようですが世の中はそう甘くないです。

生半可な状態では生き残れません。

徹底してやりぬくだけの覚悟は必要です。

「じゃあどうすればいいの?」と思った人、実はかんたんです。

答えはもうあなたの中に出ていますよ。

ただその答えがはっきりしていないだけで、まだ掴み取れていないだけです。

それを掴み取るためには、ひたすら自分と向きあって、そこで見つけた弱い自分を徹底排除することです。

これが一番苦しいのですが、残念ながら裏ワザ・抜け道がないんですよね。

個人個人の中にしか答えがないので、そこを回避する方法がありません。

だから、戦うと決めたらやりぬくしかありません。

でも、そこをクリアできたら先に進めますよ。

そのときにはもう弱い自分の対処法がわかっているので、なにがあっても乗り切れますよね。

 

なりたい自分になる!

「おれ変わりたいんだ」

「わたしもっと違うことがやりたい」

「環境を変えたい」

そう思ったら、いまいるところから一歩踏み出すタイミングです。

この一歩が結構こわいですが、自分を信じて進むより他ありません。

でも、そんなあなたを支持してくれる人はたくさんいるはずです。

それに、一歩踏み出せた時点であなたは結構スゴいですよ。

目標に向かって動ける人はほんの一握りなんですから。

その一握りの中に、あなたはもういるんですよ。

ほら、スゴいでしょ?