2016年本屋大賞「羊と鋼の森」はKindleで配信中。スマホですぐ読めます!

いい時代になったものです。

Kindle Paperwhite White01

2016年本屋大賞「羊と鋼の森」はKindleで配信中です。

2016年の本屋大賞を受賞した「羊と鋼の森」。

Amazonの内容紹介には以下のように書かれています。

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

この本、今年のはじめに友人がオススメしていたので、Kindleでサクッと購入して読みました。

なんでこんなにいい本が有名じゃないんだろう?と思っていましたが、本屋大賞を受賞されたのでなるほど納得です。

あとから調べてみたら、過去にも本屋大賞にノミネートされたり、書店員オススメの本に選ばれたりと、作家としてのキャリアを堅実かつ一歩ずつ積まれてきたことがわかりました。

そして晴れて本屋大賞を受賞。

スゴいです!

 

2〜10位までに選ばれた本も配信中!

惜しくも大賞は逃しましたが、本屋対象にノミネートされた作品で2〜10位に選ばれた本もKindleで配信されています。

どれも気になります!

2位「きみの膵臓を食べたい」

3位「世界の果てのこどもたち」

4位「永い言い訳」

5位「朝が来る」

6位「王とサーカス」

7位「戦場のコックたち」

8位「流」

9位「教団X」

10位「火花」

 

Kindle本を読むなら「Kindle Paperwhite」がオススメ!

2016年本屋大賞受賞作すべてがKindle本になっていますので、iPhone・Androidアプリをダウンロードして、Kindle本を購入すればすぐにでも読むことができます。

Kindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー
Kindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

でも、ぼくは「Kindle Paperwhite」を買って、そちらで読むことをオススメしています。購入される際は「キャンペーン情報なし」を選ぶことを強くオススメします!

Kindle Paperwhiteに使われているE-inkディスプレイは、紙と見違えるほどの画面になっています。

スマホと違って画面がまぶしくないので、目に優しくて、文字が読みやすいです。

これは一度体験しないとわかりませんが、一度でも体験してしまったら他では読みたくなくなります。

ぼくはもう手放せません。

本を手軽に読みたいという人や、家に本を増やしたくないという人にはもちろん、本好きなら特にオススメです。

ぜひKindle Paperwhiteを購入して、本屋大賞受賞作品を読んでみませんか?

 

Kindle Paperwhite White01