縦長動画はスマホ時代の標準!これをスマホで見ればそのスゴさがわかりますよ。

いよいよこういう時代になってきた!

久々にすっごいものを見たなぁという感じです。

c95e51f40566014e5fbf148b1f7d6ae9_sa

まるでスマホがジャックされたかのような感覚がスゴい!

ぼくがなにに感動したかという話ですが、百聞は一見にしかず、とにかくこれをスマホ・タブレットで見てください。

そうすれば、そのスゴさがわかりますから。

RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】 from RUNandRUN_lyrisch on Vimeo.

リンクも貼っておきます。

各所で話題沸騰となっていますが、いやーこれほんとスゴいですよ。

そもそも縦長動画で作っているので、自分のスマホ・タブレットの画面いっぱいに映像が表示されるだけでも迫力が全然違いますよね。

さらに、スマホ・タブレットで見ることを逆手に取ったこの作り。

まるでスマホがジャックされたかのようになっていて、目が離せません。

なんて秀逸なデザインなんでしょうか。

ぼくはこれをiPad mini 4で見たので余計に迫力がありましたよ…もうほんとスゴいですわ。

 

縦長動画がアツい!

スマホ・タブレットがこれだけ普及していて、若者がテレビを見なくなったとなると、すべてのメディア・コンテンツはスマホ・タブレット向けに作る必要があります。そのとき画面に表示する写真や動画は、自然と縦長になりますよね。

わざわざスマホを横向きにして見るなんて面倒だし、横長だったら迫力があるかというとそうでもないし。手に持ったまま、なにも意識せず自然に見られる縦長動画はこれからのスタンダードになっていくことは間違いないですね。

そうなると、横長で表示されるものはテレビ・映画・パソコンくらいになっていくのでしょうか。ただ、パソコンはディスプレイを縦長に配置できるものがありますから、それで一発解決できちゃいますからまたちょっと別ですね。

最近流行りの「Snapchat」「Periscope」は縦長が標準ですし、ファッション動画マガジン「C CHANNEL」も縦長動画を配信していますし、時代は確実に縦長動画にシフトしていっています。

そのうち縦長で作ったドラマとか映画が出てきても不思議じゃないですし、登場まで時間の問題な気もします。

こうなってくると、そろそろテレビでしか見られない・しかも横長動画っていよいよ廃れていくのかな…と。