disってないで「好き」を全力で語れ!

批判家にはなりたくないですよね。

2876acdc86e5119f03826db47c802a23_sa

批判して優越感を得る悲しい人たちになるな

相手の意見や考えは無視して、自分の理論をひたすら語る人にときどき出会います。

ディスカッションの場ならいいですが、そういう場でもなく、なんだったらただの会話の中で急に語られても困りますよね。

その上さらに自分が嫌いなもの・好きでないものをけなして批判された日には、もうこの人と話したくないなぁと思ってしまいます。

え?自分は関係ないって?

いやいや、これ結構あるあるですよ。

こういう人たちは一定数います。

求めてもいないのに熱く語ってくれるので変わっているなぁと思ってしまいますが、批判を聞かされるのは正直そんなにおもしろくないんですよね。

なんの足しにもならないし、そもそも求めてもいないのにそういう話をされてしまうとドン引きするだけです。

もうちょっと付け足すと、批判やdisを聞かされた相手にとってはなんの得にもならないですが、自分は批判して自分が上の立場になっているという優越感に浸っていたりするんですよ。

いやぁ、小さいなぁ。

 

disってないで「好き」を全力で語れ!

批判するのって、ものすごくかんたんなんですよ。

深く考えずに、嫌いな点・イヤなポイントを言いまくればいいのですから。

それに自分に責任がないと思ってやっているからタチが悪いです。

そんなことをやって満足しているなんてほんと小さいですから、さっさと止めて自分の好きなことを全力で語りましょうよ。

いつまでも批判しまくりながら生きるのなんて、ほんとカッコ悪いです。

批判なんていうつまらないことばかりやってないで、自分の好きな思いを全力で語ることに集中していれば、自然と自分のまわりにいい流れができるものですよ。

この話、実はプロブロガー・ヨスさんとTwitterでしていました。

よく持ちだされる「Mac・Windowsどっちがオススメ説」について話しているときに、そうだよなぁと改めて感じました。

 

2876acdc86e5119f03826db47c802a23_sa