「人を変える」のは難しいけれど「環境を変える」のはかんたん。

価値観だってどんどん変わっているんです。

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_m

人間はそうかんたんに変わらないし変われない

やっぱりというべきか、残念ながらというべきかはわかりませんが、人間はそうかんたんには変わりません。

自分のことならまだしも他人のこととなるとなおさらですし、よく言われることですが年齢を重ねれば重ねるほど変わりづらくなる傾向だってあります。「変わる」って結構面倒で手間だから、わざわざそんなことをしたくないという気持ちがあるから、というのが大きな理由でしょうか。そんなわけで、自分から本気で変わろうと意識して実際に動かないかぎり、人はなかなか変わりません。

もうちょっと付け足すと、変わらないというよりは「変われない」んですよね。

自分から変わろうと動いたとしても、実際に変わったと認識されるまでにそれなりに時間がかかります。それも努力次第ですし、続けなければ変われません。周囲に認められるまでに時間がかかるので、結構手間ですし相当な労力がかかります。そういう点を考えても変わるって大変です。

よっぽど強い意志がない限り、人間はラクなほうへと流れていきますから。

自分一人でも大変なのに他人を変えようなんてどれだけ難しいことか…誰でもかんたんに想像がつきますよね。

 

環境を変えるのはかんたん

一方、環境は比較的かんたんに変えられます。

自分がどんなところ身を置くのか、どんな集団に所属するのか、住まいや地域など、自分で選べる部分はたくさんあります。言い方を変えれば、自分次第でどうにでもできます。

人はかんたんに変わりませんし変われませんが、自分のいる環境は選べるということは環境を変えれば自分も変われるチャンスがそこにあるということです。

そう考えたら、まずは自分が動いて変わったほうがよっぽど早いです。

でも、待っているだけでは変われませんよね。他人はあなたが変わることを勧めてくれるわけでもないし、なにかやってくれるわけでもありません。ましてや、会社にいると余計にそういう協力者は出てこないでしょう。そもそも他人がなにかやってくれることを期待してしまったら、それはあなたが変わることになりません。自分から変わることに意味があります。

言うまでもありませんが、他人を変えようと思ったら、それは相当な努力と根気がいる作業です。そんな時間があったら、自分を変えるために時間を使ったほうが10,000倍マシですよ。

 

自分から進んで変わっていこう

以前も記事にしましたが、世の中は激的に変わっています。

昨日まで当たり前だったことが、明日には無くなっているような時代です。

こんな時代に会社が個人を守ってくれるなんてことはまずないですし、オックスフォード大学が発表した「10年後に無くなる職業」は多くの人が従事している一般的な職業がたくさん入っています。

仕事ひとつとってもこんな状況なんですよ。自分から変わっていかなかったら10年後どころか数年後には無職…なんてことだって考えられます。だから、自分から進んで変わっていくことと、自分が居たいと思える環境を求める・作ることは大事です。

ぼく自身はこの先の生き方を宣言しましたが、まだ会社員をやっているので余計にそう強く思います。

人生は自分で選べるんです。

もっと自分本位で生きたいように生きませんか?

 

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_m