あなたが「自分にはできない」と思っているのは「環境のせい」が大きい。

「自分をどこに置くか」ってめちゃくちゃ大事です。

これに気がついていない人がどれほど多いことか。

身を置く環境がものすごく重要

「自分が誰と付き合っていくかで、その人の人生が大きく変わっていく」なんていう話を聞いたことはありませんか?

これ、わりとよく聞く話のひとつです。

一定のコミュニティに所属していると、どうしても人間関係がつきまといます。自分に合っているコミュニティならまったく問題ありませんが、そうでない場合だってありえますし、むしろそっちのケースの方が多いかもしれません。

致し方ない部分はありますが付き合いというものが発生したり、企業によっては土日もゴルフやらなにやらで拘束されてしまったりという具合に、なかなか思うようには過ごせなかったりします。そういう環境にずっと居続けると、結構苦しかったりするんですよね。

つまり、どんな環境に自分がいるかで、毎日の生活は大きく左右されますし、充実感やストレスの度合いにも影響があるわけです。

自分が身を置く環境によって、大きな違いができてしまいます。

例えば、会社帰りの飲み会。そういう場が好きな人にはなんともないでしょうし楽しいでしょうが、そういう場がキライに人には苦痛でしかありません。まっすぐ帰りたい人にとっても、はた迷惑なことでしかないでしょう。

ぼくは就業時間以外はすべて時間外労働だと思っていますが、それを選ぶ選択肢すらなかったとしたら、それは強制労働ですよ。すべての原因は、あなたが出来ないから悪いわけではなくて、そういう環境にいることが悪いんです。

そもそも、みんながみんな同じように好きなもの・いいと思っているものなんてありません。そういう場を親切に提供してくれる人はいないでしょう。だから、自分に合った場所を見つけることは、この先生きていく上で重要な要素です。

 

合わないと思ったら即動くべし。

あたりまえのことですが、自分が身をおく環境は選べるものです。

100%希望に沿ったとこを探していたら難しいですが、ある程度まで希望にかなう環境なら見つかる確率は上がりますよね。

「自分には合わない」と思ったときに即座に動けるかどうかで、その人の人生の時間が大きく変わってきます。

あのスティーブ・ジョブスが残した名言にもこうあります。

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

「なにか違うな…」

「こんなことがしたいんじゃない」

「もっと好きなことをやりたい」

もし毎日そう思っているのなら、さすがに行動を起こすべきです。

それが転職なのか、起業なのか、またはもっと別のことなのかはわかりませんが、動かなければ始まりません。

そう、自分が身を置く環境は選べるし、変えられるんですから。

誰かのためでなく、自分のために、その一歩を踏み出しませんか?

 

ちなみに、転職なら以下のサイトがオススメです。

毎日に疑問を感じていましたら、まずは情報収集からでもいいと思いますので、ぜひ行動を起こしませんか?

リクナビNEXT →超有名な転職サイト。案件多数。登録すれば無料で自己分析もできます

ピタジョブ →大手サイト+独自案件情報あり。自分のこだわり・わがままで検索できる

ワークポート →IT系に強い転職サイト、地方での就職にも強い

Switch. →企業からスカウトが届く、Facebookを活用した転職サイト